6日、日本新華僑報網は、日本の報道の自由度が悪くなっているのは安倍政権ゆえだとする記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーから様々なコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年5月6日、日本新華僑報網は、日本の報道の自由度が悪くなっているのは安倍政権ゆえだとする記事を掲載した。

記事では、2016報道の自由度ランキングで日本は180カ国中72位となり、昨年と比べて11位順位を落としたと紹介。全体で11位だった6年前と比べると大きく後退しているが、これはちょうど安倍政権の時期と重なっており、安倍政権がメディアに対して圧力をかけていることが原因だとした。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーから様々なコメントが寄せられた。

「中国国内に報道の自由があるのだろうか?」
「まるで俺たちには報道の自由があるかのような言い方だな」

「こういう批判的な報道ができるということ自体、日本には報道の自由があることを意味していると思う」
「わが国は米国の人権問題を心配し終わったら、次は日本の報道の自由を心配しているのか」

「中国メディアが報道の自由を語るというのは笑い話としか言いようがない」
「報道の自由ランキングは北朝鮮と中国がワースト。日本は悪くなったといっても真ん中だ」
「中国に学んじゃダメだよ。中国に追いつくには5000年はかかるだろう」

「うちの近くにいる物乞いが俺のアウディがどんどん古くなっていると笑うのと同じだな」
「中国は後退しようにも後退できないほど後ろだろ」(翻訳・編集/山中)