メモリーカード64GBが2000円未満! しかし値段で衝動買いは要注意? 使えない可能性も

写真拡大 (全2枚)

スマホで利用されている「microSD」メモリーカードは、XperiaなどのAndroidスマホでは必須とも言えるアイテムだ。
その「microSD」メモリーカードがとても安くなっている。

●64GBでも2000円未満!?
Xperiaや格安スマホを買うと、併せて買いたいのが「ケース」や「メモリーカード」だ。
特にメモリーカードの価格下落が止まらない。

Amazonでは、
・32GBで1000円前後
・64GBで2000円未満

となっているようだ。

特に最近のモデルは、カメラの画素数が大きくなり、写真や動画のデータ容量も大きくなるいっぽうだ。

どうせメモリーカードを購入するなら、価格も安くなっているいし、大は小を兼ねるということで「64GBのメモリーカードを買おうかな」と思った人も多いのではないだろうか。

しかし、ちょっとまって欲しい。
最近の低価格なmicroSDは、せっかく購入しても、使えない場合があるのだ。

●32GBはSDHC、64GBはSDXC
実は、SDメモリーカードには、容量以外にも、いくつか違い(規格)が存在する。
そのひとつが、「機器の互換性」をあらわす規格だ。

・SD → 2GBまで
・SDHC → 4GB〜32GBまで
・SDXC → 64GB以上

という違いとなっている。
スマホやデジカメで、「SDXC対応」とあれば、SDからSDXCまで全て利用できる。
しかし、古いモデルで「SDのみ対応」の場合は、「SDHC」や「SDXC」は利用できない可能性が高いのだ。

ここで問題なのは、
32GBまでであればSDHC規格
64GB以上はSDXC規格
と、容量違いによって規格にも違いがでてくることである。

●スマホの取説やカタログに表記されている
持っているスマホで、「SDHC」までしか対応していないのに、安いからといって「SDXC」規格のメモリーカードを購入しても、スマホ側で認識しない可能性がある。
このような事態を回避するには、自分のスマホがどの容量まで対応しているのか把握するべきなのだ。

しかし、いちいち「持っているスマホはSDXC対応だな」と覚えるのも面倒だろう。
便利なのが、
・メーカーのスマホ紹介ページ
・スマホのカタログ
・スマホの取扱説明書
にある「スペック表」である。

ここには必ず、「microSD ○○GBまで対応」という具合に、どの容量まで対応しているのか記載してあるのだ。


スマホのスペック表には何GBまでのメモリーカードが対応か記載してある


ネット通販などで安いからと言って、ポチるまえに「自分のスマホはどの容量まで対応しているかな」といちどチェックしてみよう。


布施 繁樹