6日、番組ロケながら観光ビザで台湾入りしたことが明らかになった中国の歌手で俳優ルハンだが、移民署に通報したのは台湾の芸能人ではないかと報道されている。写真はルハン。

写真拡大

2016年5月6日、番組ロケながら観光ビザで台湾入りしたことが明らかになった中国の歌手で俳優ルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)だが、移民署に通報したのは台湾の芸能人ではないかと報道されている。自由時報が伝えた。

【その他の写真】

韓流グループEXOの華人メンバーだったルハンは今月1日、リアリティー番組のロケのため台湾入り。しかし、観光ビザを使っていたことで、就業サービス法違反が明らかになり、10日以内の出国を命じられた。これにより、もともとは6日間の滞在予定だったが、4日に帰国。今回のトラブルによって、次に台湾入りできるのは早くても2年後となった。

この“不法就労”騒ぎについて週刊誌「時報週刊」では、通報したのは台湾の芸能人、しかもかなりの大物が行ったことではないかと報じている。また、その動機について「内心の不満によるもの」と伝えている。

ある音楽関係者の話によると、台湾のタレントが海外でロケやMV撮影、作品のPRを行う時も、観光ビザで入国することが多いという。また、これまで同じような目的で台湾へやって来た中国人タレントについても、観光ビザで入って来た例が少なくないと語っている。(翻訳・編集/Mathilda)