宇佐美貴史、大久保嘉人からひじ打ち 傷は「あごを貫通」していた

ざっくり言うと

  • 宇佐美貴史が、4月29日の川崎戦で大久保嘉人から受けたひじ打ちを語った
  • 大久保からのひじ打ちで、傷は顎を貫通し、歯茎が見えていたという
  • かなりの出血だったが、縫合などの処置はせず、既に傷はふさがっているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング