地下鉄内で突然の “追悼” ダンス! プリンスさんの曲で踊りまくる男性にちょっぴり元気をもらえます

写真拡大


4月21日(現地時間)アメリカ中西部ミネソタ州にある自宅兼スタジオで亡くなっているところを発見された、ミュージシャンのプリンスさん。

享年57歳で死去した殿下(プリンスさんのことです)の楽曲『I Wanna Be Your Lover』が、突如ロンドン市内を走る地下鉄「サークルライン(Circle Line)」の車内に響き渡ったのは、4月24日午後18時頃のこと。

一体ぜんたい、これからなにが起こるというの!? その後の一部始終をとらえた映像が、ユーザー「VibeyJax」さんによってYouTubeに投稿されておりました。

【若い男性が突然踊りはじめた!】

熱烈な恋心を、殿下ならではなファルセットボイスで歌い上げたこの曲に合わせて踊り始めたのは、1人の男性。

メガネ&ロン毛&長身というスマートなビジュアルからは想像だにできない、キレのあるダンスを披露。車内を行ったり来たり、バーを握ってポールダンスを思わせる動きを見せたりと、たった1人でも超ノリノリです。

最終的には乗客を巻き込んで、ダンス・ダンス・ダンス! 静かな車内は一瞬で、殿下追悼イベント会場へと化したのでした。

【このノリは海外ならでは】

楽曲自体とっても甘くてハッピーな雰囲気ですし、こういった方法で追悼の意を示すあたりが、殿下ファンらしくって最高! ゲリラ的に踊り始めた本人はもちろん、周囲も決して咎めずにノッてあげるこの感じ、海外ならでは、ですよね!

【視聴者の声】

このYouTube動画の詳細には「これをプリンスと彼の家族へ捧ぐ」と書かれています。動画を視聴した方々からも、「ビックリ!」「すごい」「クール」「幸せな気持ちになった」「曲のチョイスが素晴らしい」といった具合に、数多くのコメントが寄せられていて、内容は総じて好意的。

殿下がこの世を去ったという事実はただただ悲しくって切ないけれど、この動画を観ればきっと、元気をもらえるはず。プリンスさんへの愛に溢れた1本を、それではさっそくお楽しみくださいませ!

参照元:YouTube / VibeyJax
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る