自律神経、貧血にも!? 定番だけど「ビタミンC」はやっぱりスゴかった

写真拡大

様々なサプリメントがある中で、やはり人気なのがビタミンC。

特に春から夏は、シミ・しわ・ハリなど肌の気になる症状も増えるので、ビタミンCの需要も高くなる傾向にあります。

そこで今回は、エステティシャンの筆者が、美容だけにはとどまらないビタミンCのスゴさをご紹介します。

■自律神経とホルモンを正常にしてくれる

ストレスの緩和にはビタミンBの働きが必要です。ビタミンBには神経を正常に保つ機能があり、ストレスで左右される自律神経の働きを正常に保つ役割も担っています。

しかし、強いストレスが続くとビタミンBは急激に消費されてしまい、自律神経が乱れ抵抗力も弱まります。口内炎はそのようなときに出やすくなるのです。

そこで活躍するのがビタミンC。

自律神経や抵抗力の不調に反応して副腎皮質ホルモン(アドレナリン)を分泌しバランスを整えようとします。このホルモンの合成にビタミンCは欠かせないのです。

■貧血予防にも

貧血といえば、“鉄分”ですが、鉄分は吸収されにくいという性質を持っています。

ビタミンCは、鉄分の吸収を行いやすい形に変化させるという特性があるため、貧血予防には鉄分とビタミンCの同時摂取がオススメ。

そうすることで、鉄分の吸収率を高め、貧血の予防に役立ちます。梅干しやレモンに含まれる“クエン酸”にも、鉄分の吸収を高める作用がありますよ。

■優しい抗がん剤?

近年、若くてもガンを患う方もいますよね。実は、もっとも優しい抗がん剤として、がん治療に使用されているのがビタミンCなんです。

ビタミンCは、大量のフリーラジカル(様々な病気や老化の原因になっている体内のもの)を掃除してくれ、サイトカイン(情報伝達するもの)を調整し、コラーゲンを生成して腫瘍を包み込み動けなくする、という働きがあります。

がん予防にまで力を発揮するとは、すごいパワーですね。

他には老化が原因で発症するといわれている白内障(目が白く濁る病気)の予防にもなります。

ビタミンCは、表面から見えるしわやシミの美容だけでなく、体の内側の健康を保つためにもやっぱり欠かせないですね。

【筆者略歴】

山田みき ・・・ エステティシャン・美容師。自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。NHKにてエステ指導や雑誌掲載多数。エステ・ヘアメイク・着付け各種コンテスト優勝及び上位入賞の経験をもつ。

【画像】

※ Evgeny Karandaev / shutterstock