台湾証券取引所、マレーシアでフォーラム開催  投資呼び込む

写真拡大

(台北 7日 中央社)台湾証券取引所は4日、マレーシア・クアラルンプールで東南アジアの機関投資家などを対象にした投資フォーラムを開き、台湾の優良企業との交流イベントや、企業統治(コーポレートガバナンス)などをテーマにした講演を行った。

フォーラムは永豊金証券、マレーシアのRHB証券との共催で、台湾の資本市場をアピールすることにより、新たな投資を呼び込むのが狙い。現地の政府系ファンドなどの機関投資家約80人が参加した。

(田裕斌/編集:杉野浩司)