ハイテクでハイデザインな「セックストイ」の世界

写真拡大

いつの時代も、先端技術によってつくられてきた大人のおもちゃ。優れた素材技術や3Dプリンターが生み出されたいま、これほどセックストイをつくるのに適した時代はないではないか。進化し続ける現代のセックストイを、7つ紹介しよう。

SLIDE SHOW 「ハイテクでハイデザインな「セックストイ」の世界」の写真・リンク付きの記事はこちら
sextoy02

2/7DilDIY
3Dプリンターの最大の長所のひとつがカスタマイゼーションにあるのだとすれば、アダルトグッズほどこれに適した製品があるだろうか。バルセロナのデザイン会社クーニーコードは2013年、ペニスのディルドに「DilDIY」と呼ばれる製品群を加えた。そしてデザイナーのベルナート・クーニーは、ユーザーが自らデザインしたディルドを注文できるようなコンセプトアプリを開発。将来的には品揃えをさらに増やし、ユーザーがおもちゃの大きさなどの特徴を指定できるようにするそうだ。
PHOTOGRAPH COURTESY OF CUNI / CUNICODE.COM

sextoy03

3/7The Trainer Toyfriend
1970年代、工業化学者で起業家のゴスネル・ダンカンがアダルトグッズに初めてシリコンを導入し、この業界に材料革命をもたらした。シリコンは人体に害がなく、清潔に保ちやすい。大人のおもちゃには、まさにうってつけだったのだ。いまでも、柔らかくて触感もいいこの素材は好んで使われている。ティクラー社の「Trainer Toyfriend」もシリコン製だ。このエクササイズデヴァイスは、いわば2倍お得な商品だ。出産を経ると緩みがちな骨盤底筋の強化に役立ち、膀胱のコントロールが向上するため、セックスの満足度も上がるという。
PHOTOGRAPH BY KJELL B. PERSSON

sextoy04

4/7Sono Love
もしジョージア・オキーフが大人のおもちゃをデザインしたなら、この「Sono Love」みたいになることだろう。同じくシリコン製のこのコンセプトデヴァイスは、蘭の花の形に着想を得たという。ポーランド人デザイナーのパトリシア・ドマンスカが2009年、卒業作品としてつくったもので、技術的にはまだ商品化のレヴェルにはないものの、そのアイデアは挑発的だ。たいていのアダルトグッズは人の身体の一部分をそのまま型どったか、そうでなければ、「ここをこうすればああなる」ということがはっきりとわかるようにつくられているが、Sono Loveは違う。使う人のイマジネーションが、いくらでも膨らむようにつくられているのである。
PHOTOGRAPH BY GEORG MILDE

sextoy05

5/7Vesper
近年の大人のおもちゃの進化は材料の発達によるところが大きいが、「性具はタブーである」という固定概念が薄れつつあることも大きな要素である。この常識と闘うために、そしてユーザーがおもちゃをタンスの引き出しにそっと隠しておかなくて済むように、デザイナーたちはますます洗練された製品を開発している。サンフランシスコのクレイヴ社は、「Vesper」でこれを大胆にやってのけた。弾丸の形をしたこのステンレス製ヴァイブレーターは、普段はネックレスとして胸元を飾ることができるのだ。
PHOTOGRAPH BY MICHAEL TOPOLOVAC / CRAVE

sextoy06

6/7Tenga 3D
日本の元機械職人がつくった会社テンガには、実に多くの製品がある。マスターベーション用のデヴァイスを手がける彼らがつくる「Tenga3D」シリーズは、レッドドット賞のプロダクトデザイン部門で受賞した。どの製品も白一色の柔らかな抗菌プラスチック製で、3Dプリンターからつくられる。それぞれ肌触りが異なる多角形や三角の突起がきれいに並んだおもちゃは、独特の刺激をもたらしてくれる。
PHOTOGRAPH COURTESY OF TENGA CO. LTD.

sextoy07

7/7Blue Leather Tassel Strap
シリ・ジンは、豪華なアダルトグッズのアイデアを次々に生み出すアーティストだ。とりわけ、彼女はガラスや刺繍入りのサテンなどの素材から高級ハーネスをつくり出すことが多い。子羊の毛皮でつくられたこの青いハーネスは、セラミック製のディルド(写真には写っていない)装着用にデザインされた。だが、こうして実際におしりを覆ったフリンジの美しさを見ると、まさに芸術作品だ。男性デザイナーがやりがちなエロティックな表現を飛び越えて、抽象的・幾何学的なデザインの世界を極めている。
PHOTOGRAPH BY SHIRI ZINN

Prev Next

「大人のおもちゃ」には、大昔から波乱に富んだ歴史がある。

伝説によれば、ヴァイブレーターを最初に発明したのはあのクレオパトラだという。ヒョウタンにぶんぶん飛び回る蜂を詰めたのだそうだ。

それから数世紀後の中国では、石や木、銅製のペニス型のディルドがつくられていた。産業革命のころに電動ヴァイブレーターが発明されて、医者がヒステリーを起こした女性の治療に使ったという。いずれもデザインはともかく、当時の最先端技術が用いられていた。

RELATED

技術革新がさらに進むにつれ、リタ・カチネッラ・オーレルが新著『Objects of Desire』(欲望のオブジェ)に書いたように、大人のおもちゃのデザインは進化し続けている。

「(そうしたおもちゃは)いかにもいかがわしそうなXXXショップの棚いっぱいに、安っぽいガラクタのように並べられていたものですが、それがいまでは、すっかりしゃれたデザインに変わり、最新のテクノロジーを駆使して堂々と売られています。テレディルドニクスからアプリで動くおもちゃ、3Dプリンターで使ったおもちゃまであるのです」

彼の本には、さまざまな賞を受賞したハイテク商品を扱う最新のアダルトグッズがリストアップされている。

関連記事男たちに愛され、女たちの命をつないだ風俗サイト

INFORMATION

VOL.21特集「Sex in The Digital Age」

2016年2月10日発売の『WIRED』日本版に掲載した特集から、『WIRED.jp』では話題のコンテンツを順次公開。「セックスとテック」にまつわる7つの“投書”から、VRがポルノにもたらすものや、セックスのない愛まで。公開した転載記事のほか、VOL.21の関連記事はこちらより。その他、「音楽の学校」特集など盛りだくさんの本号は、Kindle版も好評販売中