人権活動や政界進出、「人生の方向転換」で成功した9人のセレブたち

写真拡大

あることを転機に、それまでの人生を大きく変えた人たちは数多くいる。米国のセレブのうち、方向転換によって成功を収めた9人を紹介する。

1. アンジェリーナ・ジョリー

2000年代初めには、最も物議を醸すセックスシンボルのひとりだった。当時の夫、米俳優のビリー・ボブ・ソーントンの血液を入れた小瓶を首から下げて歩いたり、兄との気味が悪いほどの親密さを公衆の面前で披露したりしたほか、ブラッド・ピットとジェニファー・アニストンの結婚を破たんに追い込んだといわれている。

だが、2001年に映画『トゥームレイダー』の撮影で訪れたカンボジアで、ジョリーの何かが大きく変わった。突然、人権活動に力を入れるようになったのだ。その後はアフリカから中東まで、各国の紛争地域に足を運んで活動を継続。紛争下における性暴力を非難する国連決議の採択にも尽力した。

2. ロバート・ダウニー・Jr

15年ほど前、ダウニーはハリウッドの”使えない”俳優の一人だった。コカインやヘロインなどの薬物使用と関連の違法行為で、何度も逮捕されていたからだ。しかし、薬物依存を断ち切ってからは俳優として目覚ましい活躍を続けている。現在は、最も高額なギャラを稼ぐ俳優の一人として知られている。

3. キム・カーダシアン

セックステープの流出で人生が良い方に転ぶ人がいるとは、誰が想像しただろう? カーダシアンはもともと、パリス・ヒルトンのアシスタント。その人が世界的に名前を知られるセレブの一人にまでなったのだ。米国のリアリティー番組で、出演料が最も高額な一人とされている。夫は歌手のカニエ・ウエスト。

4. フロイド・メイウェザー

フォーブスの調査では2014年と翌15年、2年連続で最も稼いだアスリートだ。2015年の年収は、3億ドル(約319億円)とされる。童顔だったことから、ボクサーとしてデビューしてから10年間は「プリティ・ボーイ」と呼ばれていた。だが、それはすでにほぼ忘れ去られている。現在の呼び名は、「フロイド・マネー」。

5. アーノルド・シュワルツェネッガー

シュワルツェネッガーはこれまでに2回、その人生を大きく変えた。プロのボディビルダーからハリウッド俳優への転向。そして、政界への進出だ。

カリフォルニア州知事にも就任したシュワルツェネッガーは、同じく俳優から同州知事、大統領になったロナルド・レーガンを自身の「ヒーロー」と呼んでいる。知事を2期務めた後、65歳で俳優業に復帰。出身はオーストリア。

6. ジェリー・スプリンガー

スプリンガーは政治家志望だった。大統領選への出馬を目指していたロバート・ケネディ―の選挙顧問を務め、33歳のときには、オハイオ州シンシナティ市長に就任。その後、知事選に出馬するも落選し、テレビニュースのアンカーに転身した。

1991年に放送開始した視聴者参加型のトークショー、「ジェリー・スプリンガー・ショー」の司会者として知られるが、悪名高いこの番組は当初、政治討論番組として企画されたものだったという。

7. アイス・キューブ

”ギャングスタ・ラップ”のパイオニアとして有名な「N.W.A」の元メンバー。現在は俳優、映画監督としても活躍している。N.W.Aをやめてから20年後にファミリー向けの映画をヒットさせるようになるとは、意外に思った人も多いはずだ。自ら立ち上げた制作会社、「キューブ・ビジョン」は大きな成功を収めている。

8. ジョージ・フォアマン

元プロボクサーのフォアマンだが、最近では「あのグリルの人」と呼ばれることが多い。1970年代、ヘビー級のチャンピオンだったフォアマンがモハメド・アリに負け、タイトルを失った一戦はよく知られている。1980年代には家電メーカーと契約。油を落として焼き上げる「ジョージ・フォアマン」グリルを発売した。大ヒット商品なったこのグリルは、これまでに1億台を販売している。

9. マドンナ

マドンナがポップスターとしてその名を馳せてから、およそ30年。50代になっても人気を維持しているのは、自分を生まれ変わらせる術を身に付けたからだろう。

カメレオンのように外見を変えてきたマドンナは、女優としても成功。主役を務めた『エビータ』では、ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した。次は何をするのだろうと常にファンに思わせるところが、長期にわたって成功し続ける秘訣だろう。