ママ友VS義実家!トラブルが多発?

写真拡大

結婚するということは、ほとんどの場合、旦那さんの家に「嫁ぐ」ということでもあります。しかし残念ながら、これまでずっと他人だった人を、簡単には受け入れてくれないことも、まだまだ多いのが実情。あなたの周りでも、この問題に悩むママ友はいるのではないでしょうか?

●男尊女卑でママ友が傷つく!

ママ友たちの義父母にあたる人たちは、年齢的に昔気質の人が多いです。いまだに「男性が外、女性は中」という考え方が、捨てきれない人もたくさんいます。しかし今の時代は、女性の社会進出や男性の育児休暇などが注目され、男女の役割に境界をなくす活動が活発になってきていますよね。

「女が働くなんて」「なんで男の子を生まなかったんだ」など、男尊女卑的な発言は、ママ友たちにとっては、聞くに堪えないもののようです。

●嫁いびりに悩むママ友は多い!

義母が、嫁いできたお嫁さんにつらく当たる「嫁いびり」。いまだに悩むママは少なくないのだとか。ネット上ではさまざまな嫁いびりが散見されました。

・ママ友の分だけ出前を取らない

・せっかく作った料理を捨てる

・2人きりのときだけ嫌味を言う

・わざとアレルギーのある食べ物を差し入れする

理由としては、”息子(旦那)のことが大好き”な義母が、結婚したことによって、嫁に奪われると思い込んでしまうことや自分がされたことと同じようにして、鬱憤を晴らすことなどが挙げられるそうです。

●ママ友と義実家のトラブルは義父母だけではない!

ママ友と義実家のトラブルは、義父母とのトラブルが注目されがちですが、旦那の姉妹とのトラブルも多いのだとか。とくに義姉とのトラブルが目につきました。ネット上でみつけた、義姉とのトラブルを紹介します。

不妊に悩んでいた義姉。「子どもを見るのがツラい…」という理由で、自分たちの子どもへのお祝いは、一度もなかったのだそう。しかし、念願かなって妊娠・出産を終えたとたん、出産祝いやお宮参りなどのお祝いの度に、お金を要求するように。断ろうとすると、「不妊でつらい想いをしてきたの。だからお願い!」と同情を買うような言い訳ばかりで、困っていたのだとか。

しかし、それは義姉が単独で行っていたことが発覚。義姉の旦那にバレて、離婚の危機に陥ったそうです。

義実家とのトラブルは「ママ友VS義母・義姉(義妹)」といった、女性同士の争いが多い印象。また、ママ友たちが被害者になってしまうことが圧倒的に多いようです。しかし、因果応報とはよくいったもので、結局義父や旦那にバレてしまい、離婚や別居、親子の縁を切るという結末が…。関係上、なかなか逆らうことが難しいようですが、グッとこらえ、ママ友たちに話すことで共感しあい、ストレス発散しているのかもしれませんね。

(文・明日陽樹/考務店)