世界3位の実力を見せ付けたトンプソン(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 3日目◇7日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,605ヤード ・パー72)>
 ムービングデーに“65”と爆発したレクシー・トンプソン(米国)。スコアを7つ伸ばしトータル13アンダーで単独首位に立った世界ランク3位のプレーヤーとこの日同組で回った藤田さいき、飯島茜が感想を話した。
【関連写真】180cmを超える長身のレクシーはドレスの着こなしも完璧!
 藤田は「メンズと回ってる気持ち」、飯島は「メンズじゃないですか?別格ですよね」とトンプソンの規格外の飛距離に脱帽。藤田は「50〜60ヤードは置いていかれた」とあまりの差に「ギャラリーになってしまった」と見入ってしまったという。
 また、低くてスピンの効いた球などパワーがあるからこそできるテクニックにも魅了された。2人とも、この日の感想は「世界レベルの人と回れてマネはできないけど楽しかった」。日本でプレーしていてはなかなか経験できない、“世界”を感じる1日なったようだ。
 なお、藤田と飯島はトータル5アンダー、トンプソンと7打差の5位タイで最終日を迎えることになった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム】
ツアーで見つけた旬ギアネタ!【サイバーエージェントレディス編】
前夜祭の模様も!女子プロ写真館