女性の方がバレにくい…!?

写真拡大

「妻が浮気をしている気がする……。確信はないけど」そんなふうに思ったときはどうしてますか?自分の妻が浮気するはずない、気のせいだ、と見ないふりする人もいると思いますが、最近では男性よりも女性のほうが浮気率が高いという調査結果もあります。さらに、女性は男性よりもバレないようにするのが上手いという話も…。もし浮気の証拠をつかもうと思っても、それほど簡単ではありません。そこで、この記事では妻の浮気の証拠をつかむ方法をご紹介します。

■ 妻の変化を観察する

◎ 1.見た目の観察

髪型、化粧、服装の雰囲気が少し変わったり、下着を大幅に新調し始めるなど、いつもと違う部分が多くなったら注意してみましょう。

◎ 2.言葉や考え方の観察

今までに聞いたことのない言い回しが増え、それを頻繁に使うようになるなど、特定の誰かの影響を受けたと思われる思考や言葉を拾いましょう。

◎ 3.行動の観察

前はそうじゃなかったのに、携帯にロックをかけるようになった。いきなりセックスを拒むようになった。友人と会うと言って出掛けることが多くなったなど、自分の心のどこかで引っ掛かるような行動をよく観察しましょう。

◎ 4.無意識の観察

日々繰り返し考え続けてる物事は、普段は隠れていてもその人の一部です。寝言や酔ったときの言動などにも注目してみましょう。

■ 調査してみる

◎ 1.パターンを見つける

上記の変化に引っ掛かりが強くなったら、その変化が強い日と、何がどう変化したのかをカレンダーや日記などに書き込んでいきましょう。数ヶ月以上続けると、行動パターンが浮かび上がってきます。浮気の予感が強くなると感情に任せて相手を問い詰めたくなるかと思いますが、ここはグッと堪えて地道に証拠集めをしましょう。

◎ 2.妻の友人を見る

自分が浮気していることをおおっぴらにする人は少ないですが、親しい友人などに話したり、それとわかるニュアンスのことを言ったりすることは多くあります。もし会う機会があるなら、そちらにも少し注目してみましょう。

◎ 3.浮気相手を推察する

浮気相手は奥様の行動範囲内にいます。ここで奥様が「最初に変化した時期」に変わった環境や人間関係に目を向けましょう。そして見た目、言動、気分がいつもと違う日の前後に、誰と会っていたのかを調べて絞り込みます。ここでもし浮気相手の目星がついたらそちらのこともできる範囲で調べてみてください。もし奥様の携帯が見られる状況で、そこで何かしらの証拠が見つかれば、それを写真で撮るかプリントアウトして保存しておきましょう。

◎ 4.日常を送ることを心掛ける

女性は微妙な変化によく気がつきます。こちらが浮気に気付いていることを悟られると、とたんに水面下に潜ってしまう恐れがあります。出来るだけ以前と変わらない日常を送るように心掛けましょう。

◎ 5.繰り返す

証拠が掴めるまでこれらのことを繰り返します。

■ 証拠を固める

◎ 1.自分かプロか

周りを固める小さな証拠を集めたら、最後に決定的な証拠を取りにいきます。自分で実行する方法もありますが、興信所に頼む手もあります。金銭的負担か精神的負担か、自分にとって負担が少ないほうを選びましょう。最初の、証拠が漠然とした状態で長期間興信所に頼むより、日時を絞って依頼をしたほうがお財布に優しいです。

◎ 2.証拠をまとめる

すべての資料を集めたあと、コピーを何部かとって別々に保管します。これで浮気の証拠をつかむ方法は終わりです。

■ おわりに

「浮気」というと、次に繋がる言葉は悪いこと、マイナスなことを連想する場合が多いです。世間的に良くないといわれている浮気に自分から踏み込んでしまった事実は良くないことなのかもしれません。浮気に気づいてそこからどうするのか、どこに着地するのかは選ぶ人次第ですが、根本的な原因と、浮気をした配偶者や自分の中に積み重なってきたものなどをフラットな視点で見つめられたら、結果には後悔しないのかもしれないですね。

(著:nanapiユーザー・シュルツ絹代 編集:nanapi編集部)