1日、米国の大学で学ぶ外国人留学生の3分の1を中国人学生が占めていると言われる。だが米教師の間からは中国人留学生の成績の低さを嘆く声が聞かれ、授業の「足手まとい」になっているとの指摘すら出ている。写真は米国の大学。

写真拡大

2016年5月1日、米国の大学で学ぶ外国人留学生の3分の1を中国人学生が占めていると言われる。だが米教師の間からは中国人留学生の成績の低さを嘆く声が聞かれ、授業の「足手まとい」になっているとの指摘すら出ている。香港・東網が伝えた。

米国のある大学教師は「中国人留学生の一部には、授業の進度に追いつけない人もいる。米国で高等教育を受けるレベルにない」と手厳しい。「中国人留学生は授業を行う上での負担だ」とまで話す教師もいる。

中国人留学生は米教育界の「大口顧客」だ。2013〜14年度だけで、中国人留学生は米国経済に268億ドル(約2兆8500億円)の貢献をしている。(翻訳・編集/柳川)