好きになったのは「文学男子」でした…!効果的な距離の縮め方5つ(Photo by vpardi/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】世の中で言われている「文系男子」とはちょっと違う「文学男子」。本を読むことが好きで、難しい本ばかり読んでいるけれど、そんな彼が気になる…なんて人はいませんか?そこで今回は、文学男子との距離の縮め方をご紹介。ちょっとずつ距離を縮めて仲良くなっていきましょう。

【さらに記事を読む】可愛いヤツめ!彼が思わずキュンとくる“やきもち”4選

◆ロマンチックな話をしてみる


たくさんの本を読んでる文学男子はロマンチストで、雰囲気作りやデートなどにストーリー性を求める人が多いのだそう。

そんなロマンチストな彼は、夢のような妄想やくだらない話にもキチンと聞いてくれる特徴があります。

今日起こったことや、夢で見たことなど、なんでも彼に話してみてはいかがですか?あなたの話を楽しく聞いてくれるはずです。

◆純文学を読んでみる


文学男性はやはり本を読む異性を愛します。

SNSで文学男性の好みをリサーチしてみるとわかりますが、読書好きの男性はやはり読書好きの女性を求めています。

そのため、相手が本を読まない人だとわかると「話が通じないかも」と思ってしまったりするのです。

もし、何を読めばいいのか分からない場合はアピールも兼ねて彼にオススメの本を聞いてみるのも一つの方法ですよ。

◆自分は読書家ではないという認識を持つ


自分は読書家ではないけど、好きになった異性が本の虫だったので本を読み始めた…という女性は、文学男性の地雷を踏んでしまいがちです。

たとえば、「文学なら太宰治や夏目漱石も好きだろう」と思い込むのは絶対にNG。世の中にはたくさんの作家がいるように、文学男子にもそれぞれ好きな作家や作風があります。

「○○作の作品っていいよね」などと話を振ってしまうと、「多少読んだからといって語るんじゃない」と思われてしまうかもしれません。

本について語りたいのであれば「最近○○という本を読んだ」と、報告のような形で彼にアピールしてみてはいかがですか?

◆古本屋デートに誘ってみる


文学男子の多くは古本屋も大好きなよう。古本屋デートもできれば彼女としたいと思っていますし、文学男子は「古本屋が大好きな女の子」を気に入る傾向にあります。

逆に「え、古本屋でデート?」と一瞬でも嫌な顔をしてしまうと、「この子とは気が合わないな」と思われてしまうので注意が必要です。

◆信じられないようなこだわりにも理解を示す


文学男子はポリシーがしっかりしている人が多く存在します。

信念を壁に貼っていたり、ポリシーを崩さないように生活していますが、それらのポリシーの中には一見するとどうでもいいようなものが紛れていたりもします。

そんな彼と上手く付き合っていくには、理解する姿勢を見せながら「ほっとくこと」が一番友好的。

理解する姿勢を見せるだけでも、彼は「彼女はいい人だ」とプラス思考に考えてくれますよ。

いかがでしたか?

文学男性の世界は一見するとデリケートで取っつきにくいように感じられるかもしれませんが、小説に愛着を感じるというだけあって、ロマンチストな部分も多々見られたりします。

上手く付き合うことができれば古書街で和服デートを楽しんだり、鎌倉で仏閣めぐりができたりと楽しいことをふたりでたくさん経験できますので、「文学男子を狙っている」という方は相手の好みをしっかり把握しつつ接近してみてください。
(modelpress編集部)