猛チャージを見せている笠りつ子(撮影:ALBA)

写真拡大

<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 3日目◇7日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,605ヤード ・パー72)>
 国内女子メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」3日目。1WAYで行われる決勝ラウンドは、全選手がスタートし、レクシー・トンプソン(米国)、渡邉彩香がバーディ発進を決めた。

 現在のトップはそのトンプソン、渡邉と共にトータル7アンダーのフェービー・ヤオ(台湾)の3人。昨年女王イ・ボミは1ホール目をパーとして、トータル6アンダーの2位グループに位置している。
 その他、多くの選手がスコアを落とす中、笠りつ子が10番を終えて4つ伸ばし一気に22位浮上。ここ数試合好調なだけにさらなるランクアップが期待される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム】
ツアーで見つけた旬ギアネタ!【サイバーエージェントレディス編】
前夜祭のドレス写真も!女子プロ写真館