グリーンテクノロジー産業に関する座談会  企業の代表らが意見交換/台湾

写真拡大

(台北 7日 中央社)台湾証券取引所は4日、グリーンテクノロジー産業の現状と今後の展望をテーマにした座談会を、中華経済研究院と共同で開催した。関連企業などの代表者によって意見交換が行われ、台湾の同産業について深い分析がなされた。

登壇者として招かれたのは、重電大手・中興電工の江義福董事長、太陽電池大手・モーテック(茂迪)の張秉衡執行長、電源ユニット大手・デルタ電子(台達電子)の蔡栄騰副総裁、台湾再生可能エネルギー研究基金会(台湾永続能源研究基金会)の簡又新董事長。中華経済研究院の呉中書院長が司会を担当した。

(田裕斌/編集:名切千絵)