屋外で体を動かすメリットは、大気汚染に晒されるデメリットを上回る:研究結果

写真拡大

大気汚染が問題視されるロンドンでも、ウォーキングやサイクリングに関して「大気汚染によるリスク」が「健康上のメリット」を上回ることはないという研究結果が発表された。

「屋外で体を動かすメリットは、大気汚染に晒されるデメリットを上回る:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

ガンや心臓発作、心臓病、糖尿病、肥満、認知症などは、どれも大気汚染が原因のひとつだといわれている。しかし、ケンブリッジ大学チームによる新しい研究によれば、たとえ大気汚染されていたとしても、屋外でのウォーキングやサイクリングは、大気汚染の悪影響を上回るメリットをもたらすようだ。

大気汚染は健康に大きな影響を及ぼしており、英国の王立医科大学の試算によると、同国では大気汚染にさらされることによる健康被害のために、年間200億ユーロ(約2.4兆円)のコストがかかっている可能性がある。またロンドンでは、大気汚染が原因と見られる死者の数が年間1万人近くに達しており、その汚染度はEUの汚染基準をたびたび上回っている

「アクティヴ・トラヴェル」(身体を使った移動)と呼ばれる、サイクリングやウォーキングなどの運動をしている人は多いが、こうした運動は健康にいい影響をもたらす可能性がある一方で、人々を大気汚染にさらすことにもなりかねない。そこで研究チームは、コンピューターを利用して、世界中のさまざまな場所を対象に、こうした運動と大気汚染のいろいろな組み合わせをシミュレーションした。

研究チームによれば、これは「大気汚染濃度がさまざまに異なる世界中の場所に関して、ウォーキングとサイクリングのリスクとメリットをシミュレーションした初めての調査」だという。

「われわれのシミュレーションによれば、ロンドンでは、体を使った移動が健康にもたらすメリットは、大気汚染のリスクを常に上回っている」と、論文の著者であるケンブリッジ大学博士のマルコ・タイニオは述べている。「デリーは世界で最も大気汚染がひどい都市のひとつであり、その汚染度はロンドンの10倍だが、それでも、1週間に5時間以上サイクリングしなければ、汚染によるリスクが健康上のメリットを上回ることはないだろう」

「ただし、忘れてはならないが、大気汚染がひどい都市における一部の労働者、たとえばバイクメッセンジャーなどは、運動がもたらす健康上のメリットを十分相殺するほどひどい大気汚染にさらされている可能性がある」とタイニオ博士は警告している

研究論文は、「Preventive Medicine」誌に5月5日付けで発表された。