4月30日から5月6日までの1週間、中国にかかわる主な動きとして、岸田文雄外相の中国要人との会談や中国の労働節連休に関する動きが報じられた。資料写真。

写真拡大

2016年4月30日から5月6日までの1週間、中国にかかわる主な動きとして以下のようなニュースが報じられた。

▼岸田外相が中国の3要人と会談、李首相には今秋の訪日要請
岸田文雄外相は30日、訪問先の中国で王毅(ワン・イー)外相、楊潔●(ヤン・ジエチー、●は竹かんむりに褫のつくり)国務委員(副首相級)、李克強(リー・カーチアン)首相と相次いで会談した。李首相との会談では、今秋の訪日を要請した。

▼中国外交部、「トランプ氏が米大統領になることへの懸念は?」の質問に回答
中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官は4日の定例記者会見で出された「ドナルド・トランプ氏が米国の次期大統領に選出される可能性があることに懸念を抱いているか」との質問に対し、「中国と米国の経済・貿易関係の本質はウィン・ウィンだ。米関係者はこの関係を理性的、客観的に扱うよう希望する」と述べた。

▼中国当局が検索大手・百度を調査、大学生の死亡との関連調べる
中国検索最大手の百度(バイドゥ)と同社サイトでがんの治療について検索した大学生が死亡したことの関連について、中国当局が調査を開始することが分かった。国家インターネット情報弁公室は2日に声明を発表し、同当局や衛生当局などで構成される調査チームが、同社の法令順守について調査することを明らかにし、追って調査結果を発表すると述べた。

▼中国人警察官がイタリアへ、地元警察と合同パトロール実施
中国人旅行客が労働節(メーデー)連休を利用して続々とイタリア入りする中、4人の中国人警察官も地元警察との「共同任務」のため現地に到着した。4人はローマとミラノの2組に分かれて約2週間、地元警察と合同で市内を巡回する。任務の目的は「中国人旅行客に安心感を与えること」。

▼ジブリ作品のグッズショップが上海にオープン、大勢のファンでにぎわう
「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品のキャラクターグッズを扱う「どんぐり共和国」が1日、中国・上海にオープンした。労働節の連休ということもあり、店内は多くのジブリファンでにぎわった。(編集/野谷)