「キャッツ」映画版の猫はCGに、名作ミュージカルを最新技術で映像化。

写真拡大

名作ミュージカル「キャッツ」の映画版では、猫の描写にCGを使用するようだ。

アンドルー・ロイド・ウェバーによる名作ミュージカルを、「レ・ミゼラブル」などで知られるトム・フーパー監督が映画化する本作では、モーションキャプチャやコンピューターグラフィックなど現代のテクノロジーをふんだんに取り入れた作品になるという。

ミュージカルではジェリクルと呼ばれる猫の集団が、年に一度開かれる「ジェリクル舞踏会」に参加するため集まり、最も純粋なジェリクルキャッツが選ばれる様子が描かれた。

フーパー監督は原作のT・S・エリオット著作「キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法」に基づいて、さらなるストーリーを展開するものと見られている。

先日はフーパー監督が、モデルのスキ・ウォーターハウスに注目していると報じられていたものの、まだ正式なキャスティング発表はない。1981年にミュージカル界の天才ウェバーが生んだ「キャッツ」は、ロンドンのウェスト・エンド史上4番目に長い期間公演された作品。昨年は、ロンドン・パラディウム劇場で元プッシーキャット・ドールズのニコール・シャージンガーがグラマーな猫グリザベラ役を12週間演じていた。