有村架純もハマる「グルテンフリー食品」って美味しいの?食べくらべてみた
 小麦などに含まれるたんぱく質のグルテンを断つ「グルテンフリー」、流行っていますよね。

 テニスのジョコビッチ選手も食生活をグルテンフリーにしてから負け知らずになったということで、食生活を書いた本も去年は話題となりました。また、日本でもローラや有村架純がグルテンフリー生活を公言しているんだとか。

 確かに、グルテンを摂取すると、いろんな弊害が生まれるとは言われます。だけどまったく小麦を食べないと、パンもお菓子も食べられない……。

 そんなふうに思っていたのですが、最近は小麦代わりに米粉を使ったグルテンフリー食品がたくさん出ているというのでチェックしてみました。

◆米粉パンはコシヒカリ使用!「新潟産コシヒカリ米粉パン」

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=510051

 まずは、渋谷東急フードショー内にある成城石井で発見した「新潟産コシヒカリ米粉パン」(340g427円)。新潟産のコシヒカリを使用し、グルテンを一切使っていないとか。

 説明文によると、「小麦アレルギーの方でも安心して食べられる」というだけでなく、アレルギー物質27品目を不使用。トーストすることで米粉パン特有の「外はサクサク、中はモチモチ食感を楽しめる」というのです。

 そこでスライスして、トーストにしました。

 私は、トーストは薄くスライスしてカリカリに焼くのが好みなので、1センチ弱にスライスをしてグリルでこんがりと焼きました。そのままのものとチーズを載せたものの2種。

 すると、予想以上に、サクサクとして、クリスピーではないですか!

 小麦で作ったパンに比べると、“つながり感”が余りなく、コピーに書いてあったような“モチモチ感”よりは“粒粒感”がより感じられたのですが、それだけにとても香ばしく、穀物クラッカーにも似た食感と味わいを感じました。もう少し厚めに切って、“焼き”も少なめにすると違うのかもしれません。

 極薄にしていただく場合には、“具”を多く用意して載せるのがオススメ。

 今回は、トマトとチーズとアボカドを入れた特大オムレツをたっぷり載せました。パンが粒粒としているだけに、薄くても存在感があって、食べ応えは十分。なので、炭水化物を少なめにしたい人にもいいのではないかと思いました。

 ちなみに、製造メーカー「株式会社タイナイ」では、グルテンフリーの「玄米パン」も出していたのでこちらもチェック。コシヒカリパンよりも少し甘くて、粒粒感はあまりなく、癖がなくとても美味しかったです。

 同じく、薄くしても食べ応えがあったので、低炭水化物を実践する人に米粉パンは全般的に良いのかもしれません。

◆クッキーはサクサクで超美味しい!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=510054

 続いては米粉クッキーです。

 実は私は健康好きながら、お菓子がやめられないタイプで、特にクッキーは手放せないものの一つ。

 だけど、「クッキーなんて米粉じゃ無理でしょ?」「甘いせんべいみたいになるのでは?」と思って敬遠していたのですね。ところが、もの凄く美味しい商品を発見しました。それは、エコ・ライス新潟の「米粉のクッキー」(45枚入り1,200円税別)。

 ナッツありとナッツなしの2種類がある中で、ナッツなしを取り寄せてみたのですが、これが悶絶の美味しさなのですよ!

 すごくサクサクしているだけでなく、バターっぽいリッチさもあり(けれど、バターは使ってないらしい)、「1枚、また1枚……」とどんどん食べ進めてしまう、ある意味恐ろしいクッキーです。

 美味しかったのでナッツ味もその後取り寄せてみたところ、これまた軽くて、超美味しい!一人で食べると食べ過ぎるので、友達と分け合うといいかもしれません……。

 ちなみにこちらの商品もアレルギー27品目を不使用。3年間保存可能なので、普段使いのおやつとしてだけでなく、非常時の備蓄用にもオススメです。

 実際に、自治体などでは、幼稚園のおやつや備蓄食品としても採用されているようで、このたびの災害でもメーカーの方が自ら現地に届けたそうです。

============================

 体にいいだけでなく、美味しいグルテンフリー食品に米粉がどんどん使われるようになると、食料自給率も上がるのでいいことづくめになる気がします。気になる方は、好きな食品から試してみるといいでしょう。

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>

●タイナイ http://www.tainai.co.jp/products/#category00
●エコ・ライス新潟 http://www.eco-rice.jp/cookie_index.html