複数並ぶ奇妙な扉の中から入口を見つけて、不思議の国へ迷い込んでみよう!※外観イメージ

写真拡大

かわいくてちょっと不思議なコンセプトショップ「水曜日のアリス福岡」(福岡市中央区)が5月23日(月)にオープンする。九州では初の出店となる。

【写真を見る】「クイーンアリスの間」には、ポップコーンやミニサイダー、クッキーなどカラフルなお菓子が勢ぞろいする

同店は、「不思議の国のアリス」の世界をテーマにしたコンセプトショップ。東京、大阪、名古屋の3店舗で展開しており、週末にはいまだ入場規制もある人気ぶりだ。店内には、アリスをモチーフにしたお菓子やアクセサリー、ファッション雑貨を約2000種取りそろえる。

福岡店の特徴は、「不思議の国のアリス」の続編、「鏡の国のアリス」の世界をメインにした空間演出。同店のシンボルともいえる、複数並んだ奇妙な扉の中から入口を見つけて店内に入ると、カラフルなお菓子が並ぶ「クイーンアリスの間」、オリジナルのアクセサリーがそろう「晩餐会の間」へ続く。その他、福岡店だけの秘密の小部屋も用意する。店内には、鍵穴を覗くと光る「チェシャ猫」の目、テーブルを支える「トランプ兵」など20種以上の楽しい仕掛けがいっぱい。まるでテーマパークに来たようなワクワク感を楽しめる。

既存店でおなじみのカラフルなポップコーンや「EAT MEクッキー」、物語の中でアリスが飲んだ小瓶の飲み物をイメージした「Drink me ミニサイダー」などヒットアイテムが登場。福岡先行発売の新商品も用意する。

扉を開けば、そこはもうアリスの世界。物語の世界に入り込み、アリスの気分で買物を楽しもう!【福岡ウォーカー】