春から環境が変わって、人間関係も変わると歓迎会や飲み会が増えますね。普段飲みなれないお酒を飲み過ぎて二日酔いになってしまった……という方もいらっしゃるかもしれません。
前日どんなに楽しくても、それが一瞬で消し飛んでしまうほど辛いのが二日酔いです。もちろん、二日酔いにならないように飲み過ぎないのが一番ですが、体調によっては、普段とおなじくらいの量でも妙に酔って二日酔いになってしまうこともあります。
そこで、二日酔いでつらいときの対処法をまとめました。いざというときのために、ぜひ覚えておいてくださいね。

水分を補給する

二日酔いの体は、脱水症状を起こしています。そこで大事なのはまずは水分補給。水分をしっかり補給しましょう。スポーツドリンクも良いですが、糖分もしっかり入ってしまっているので水で割って飲むのがオススメです。
ただし、カフェインが入ったものは利尿作用が強いので逆効果になることもあるので気をつけてくださいね。

迎え酒はNG

二日酔いで辛いときに、迎え酒と称してさらにお酒を飲む人がいます。確かに、酔うと一時的に辛さがやわらぎますが、それは酔ってわけがわからなくなっているだけ。
体にはとても負担がかかっており、さらにその翌朝以降ダメージが残ることになります。迎え酒でごまかすのは絶対にやめましょう。

お味噌汁を飲む

二日酔いの朝は絶対何も食べられない……という方がほとんどだと思いますが、ずっと胃に何も入れないのもよくありません。そこで二日酔いにオススメなのはお味噌汁です。しっかり出汁を取ったお味噌汁にはミネラルが豊富なので、二日酔いで水分が失われてしまった体には良い栄養補給になります。
具なしでも良いので、ゆっくりすするように飲みましょう。体もあたたまってきて、胃も落ち着いて少し楽になるのを感じるはずです。
自分で作る気力なんてないよ……という場合には、肝臓に良いとされているしじみのお味噌汁やスープのチョイスをオススメします。お湯で戻すタイプのしじみスープやお味噌汁はたくさん市販されているので、二日酔いになりやすい方は常備しておくと安心かもしれませんね。

フルーツを食べる

果物は二日酔いに効果的とされています。特に、柿が良いと言われていますが1年中手に入るものではないので、他の果物でも代用しましょう。
1年中簡単に手に入るものでは、グレープフルーツも二日酔いに良いとされています。固形物を食べる気力がないときは、ジュースにしてはいかがでしょうか。市販のジュースよりフレッシュジュースの方が効果的なので、自分で作るか濃縮還元よりストレートタイプを選びましょう。

いずれも、自分だけではなく、二日酔いで苦しむ彼にもほどこしてあげられる対処法なので、頭の片隅にでもいれておくといざというときに役立つかもしれませんよ。