有機ELならではの極薄パネルと「漆黒」の表現力

写真拡大

LGエレクトロニクス・ジャパン(東京都中央区)は、有機ELテレビ「OLED TV(オーレッド・テレビ)」3シリーズ5モデルを2016年5月下旬から順次発売する。

いずれも「HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)」規格に対応し、同規格を推進する世界的な業界団体「UHD Alliance」の品質保証を受け「Ultra HD Premium」を取得。また、ハリウッドのスタジオなどで支持される最先端のHDRソリューション「ドルビービジョン」に対応。輝度と明暗比を向上させ、従来では再現できなかった色を映し出し、臨場感溢れる視聴体験が可能だという。

「OLED E6P」と「OLED C6P」は、動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」のスムーズな動作や視聴が可能な「Netflix Recommended TV(ネットフリックス推奨テレビ)」となっている。

ラインアップと市場想定価格は、ハイエンドモデル「OLED E6P」65型が90万円前後(税別、以下同)、55型が70万円前後。曲面モデル55型「OLED C6P」は47万円前後。スタンダードな「OLED B6P」65型/55型は夏発売予定で、価格は未定。