か細い華奢な体つきなのに、胸は豊かというのが理想的ですが、日本人にはなかなかいないスタイルですよね。頑張ってダイエットしても胸まで細くなっちゃうのが悲しいところ……。

そこで今回はファッションライターである筆者が、ペチャ胸が目立つ残念コーデを4つピックアップ! ぜひ参考にして、メリハリのあるスタイルを実現して下さいね。

■1:タイトなシルエット

胸の線をあらわにするようなタイトなシルエットは避けたほうが無難。ペチャ胸さんは、トップスをボリュームアップするのが鉄則なんです。

バストラインを強調するようなチューブワンピ、すとーんとしたストレートラインのワンピはNGです。

胸を大きく見せるには、上半身がふっくらとしていて、胸元やウエストでキュッと絞ったエンパイアスタイルのワンピースがおすすめ。バストがボリュームアップして見えますよ。

■2:シンプルな首元

クルーネックやハイネックのシンプルなカットソーが今の時期人気ですが、首元にアクセントがないと華奢なバストがよけい寂しく見えるかも。

シンプルな首元の洋服よりも、襟に装飾がついている華やかなタイプをセレクトしましょう。ビジュー、フリル、レース、リボン、タイなどがついた襟は目線を小さなバストから逸らせることができます。

これから夏にかけてはオフショルダーのラッフルレースなどがセクシーで男性の目線を集めるでしょう。

シンプルな首元のトップスを着るときは、大振りのネックレスやストールで首元を華やかにすると、小さなバストが目立ちませんよ。

過去記事「エディター巻きに上品クロスノット!“ストールの巻き方”簡単3種」では、誰でも簡単に出来る“エディター巻き”や“クロスノット”をレクチャーしているので、ぜひチェックしてみて下さいね。

■3:ブラックカラーのトップス

引き締めカラーのブラックはペチャ胸さんの場合、トップスにもってこないほうが吉。トップスにはあえて、パステルカラーやホワイトなどの柔らかいカラーを持ってきて、上半身をゆったりと見せましょう。

■4:大きく開いた胸元

シンプルなVネックのカットソーなどをさらっと着こなしたいところですが、胸元が大きく開いたトップスはバストに目線が集まるので、避けるのが得策。

ちっぱいさんにオススメなのがハリのある素材のシャツ。立体感のあるシャツならメリハリのある胸元を演出します。シャツの前を開きストールやネックレスなどの小物でバストをカモフラージュ。

最旬アクセはスキニータイやチョーカー。チョーカーは少し太めにすると着こなしがモードにアップデートされますよ。

インパクトのある胸元のトップスや小物は、小さめバストだからこそ似合うもの。自分では欠点だと思っているパーツでも実は魅力的に見せることができるんです。ちっぱいさんの特権である胸元のオシャレを楽しんでみてくださいね。