中谷美紀さんの美容術とは?(写真はドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』の公式HPより)

写真拡大

 現在放送中のTBS系金曜ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』のヒロイン・橘みやびは、東京・青山で美容皮膚科クリニックを営む39歳の開業医という設定だ。

 その第一話で、独身女同士のグルメ女子会が描かれ、彼女がこんなセリフを言い放った。

 「日本酒は駄目、糖質が高いから。白米も私はナシで結構です」

 舞台は、この日、初めて訪れた和風割烹『とくら』。中谷美紀さん扮するヒロインのそんな唐突な言い草に、藤木直人さん演じる店主・十倉誠司がにらみつけるというシーンだった。

 面白いのは、主役の中谷さん自身が、番組開始と相前後した朝日新聞紙上(4月17日付)の番宣的連載コラムで、次のような爛劵蹈ぅ麝文遶瓩魏罎身に重ねて綴っていた点だ。

 「しかし、どうぞお許しを。みやびにも、私にも糖質を制限する正当な理由があるのです。私の主治医曰(いわ)く、糖質の摂取による血糖値の急激な上昇が、インスリンの過多をもたらし、低血糖状態を誘発することがあるそうです」

糖化反応の知識を体得しよう

 と、ここまでは、いわば血糖(値)の基礎知識、糖尿病をかかえる人々には常識だ。しかし、美人にして聡明なイメージの女優・中谷さんは、こう続ける。

 「すると、眠気、倦怠感に襲われ、下がった血糖値を上げようとアドレナリンなどが働くことで、今度はイライラの原因となります。」

 じつは中谷さん、昨秋放送のバラエティ番組内で、6年間にわたるベジタリアン生活を告白。その間の深刻な体調不良秘話(めまいや突発性難聴や情緒不安定など)も明かしていた。直筆コラムの行間にも、リアルさが感じられる。

 もし、こんな美人開業医が実在し、眼前で上記のような解説をしてくれてら、きっと男性患者の多くが身を乗り出して拝聴しているはず。さらに、この中谷さんのコラムが、同世代の女性読者層をも巻き込んで興味をひくのは、次の行からだろう。

 「また、糖質が過剰になった身体はまず糖から代謝しようとするため、脂質の代謝が後回しになるそうで、使い切れなかった脂質がニキビとなり、さらには、アドレナリンが化膿を促して、なかなか治らない大人のニキビ肌を完成するそうです」
肌が「コゲ」つく!?

 この糖毒性とも呼ばれる「糖化反応」について補足すれば、過剰で行き場をなくした糖(グルコース)が体内のタンパク質や脂質と結合してしまう状態。

 皮膚にあるコラーゲンなどのタンパク質に糖化反応が起きるとAGEs(終末糖化産物)が生成され、これが硬化変性を伴うため、肌が茶褐色に変色して固くなるのだ。

 糖化の身近な例としては、パンケーキの表面にできる焼き目や、保湿器内のご飯が黄ばんで硬くなる現象を思い浮かべていただきたい。同じ現象が人体内でも起きる次第で事実、この糖化反応をアンチエイジング界では「コゲ」と呼んでいる。

 皮膚を構成する主成分のコラーゲンが、タンパク質でできているのは周知のとおり。その形状も構造もバネの役割に喩えられるが、反面、糖と反応すれば肌は硬くなり、弾力を失ってしまう。

 加齢に伴う皮膚の老化には、赤みの減少や明るさの低下、黄みの増加などがあり、結果として肌のくすみが生じる。主因はシミなどの色素沈着や角質層の肥厚、血流の低下などにあるが、近年話題を集めているのが、この糖化反応(メイラード反応)だ。

 話題ドラマのヒロイン像を裏読みできる中谷さん自身のコラムも、こんな締めのコトバで括られていた。

 「また、糖は肌のくすみの原因ともなります。そうです、糖質制限は、私にとって有効かつ盤石な健康法であり、美容法でもあるのです」

 ならば当記事は「糖質制限で夏までに中谷美紀になる!」とでも締めておきますか。
(文=編集部)