9月のリオパラリンピックの柔道(視覚障害)日本代表候補選手を決める選考会が4日、講道館で行なわれた。男子5(60kg級、66kg級、73kg級、90kg級、100kg超級)、女子1(57kg級)の各階級の優勝者6人の出場が内定(※)した。なお、今大会で実施されなかった女子63kg級は、国際パラリンピック委員会(IPC)の個人招待枠の指名を受けた米田真由美(三井住友海上あいおい生命保険)が代表に内定。
※各体重クラス第1位の選手をリオパラリンピック日本代表候補選手として日本視覚障害者柔道連盟から日本パラリンピック委員会に推薦する。第2位の選手は第二候補者となる。

 視覚障害者柔道は弱視、全盲など視力の状態によるクラス分けはなく、一般の柔道と同様に、体重別で試合が行なわれる。両者が組んだ状態から「始め」となる。

 男子60kg級は、ロンドンパラリンピック代表の平井孝明(熊本県盲学校)と同66kg級代表だった廣瀬誠(愛知県立名古屋盲学校)による一発勝負。ロンドン大会後に廣瀬が階級をもともとの60kg級に戻し、これまで幾度となく頂点を争ってきた2人の対戦は、今回もゴールデンスコアに突入する大接戦に。最後は平井の攻めをかわした廣瀬が抑え込みで一本勝ち。

「パラリンピックへの挑戦はリオが最後」と表明している廣瀬は、「平井選手は年下だけど努力を惜しまない尊敬する柔道家のひとり。彼のためにもリオではメダルを獲りたい」と活躍を誓った。廣瀬はアテネ大会60kg級で銀メダルを獲得している。

 66kg級は藤本聰(徳島視覚支援学校)が優勝。長年の酷使で両手首にダメージがあるため、トレーニングにブラジリアン柔術を取り入れるなどして寝技を強化。その努力が結果につながった。過去4度のパラリンピックで金メダル3個、銀メダル1個を獲得している藤本は、ロンドン大会は選考会で敗れて出場を逃している。それだけに、リオ出場を確実にし、「ホッとしています」と笑顔を見せた。

 90kg級は4人が出場。北京大会代表の初瀬勇輔(ユニバーサルスタイル)、ロンドン大会代表でアテネ大会では81kg級で銀メダルを獲得した加藤裕司(牛窪道場)、シドニー大会100kg級銅メダリストの松本義和(アイワ松本治療院)と、そうそうたる選手に全勝したのが、昨年の日本選手権の覇者・廣瀬悠(はるか/伊藤忠丸紅鉄鋼)。

 昨年12月に入籍した妻・順子(同、旧姓:三輪)も女子57kg級で優勝し、夫婦そろってリオへの切符を手中にした。終了後は多くの報道陣の前で並んでガッツポーズ。順子は2014年仁川アジアパラ競技大会で銀メダルを獲得しており、リオで目指すは「夫婦でメダル獲得」だ。

 男子100kg超級は、正木健人(エイベックス・グループ・ホールディングス)が相手の棄権による不戦勝。ロンドン大会では日本勢唯一の金メダルを獲得しており、2連覇に期待がかかる。

「何より優勝できて嬉しいです」

 そう言って安堵の表情を見せたのが、男子73kg級の北薗新光(アルケア)だ。大学3年生で出場したロンドン大会は100kg級の代表で7位。それから4年を経て、今回は3階級も軽いクラスで勝負をかけた。

 今大会で、この階級のロンドン大会代表の高橋秀克(フジテレビ)に優勢勝ち、また昨年の日本選手権準優勝の19歳・石橋元気(福岡高等視覚特別支援学校)に一本勝ちと気を吐き、並みいる強敵を倒してリオ内定を手にした。

 階級変更の理由は、ズバリ「世界で勝つため」。2014年10月の仁川アジアパラは90kg級で銀メダルを獲得したが、その直前にアメリカで行なわれた世界選手権ではキューバの選手に一回戦負けを喫した。痛感したのは"世界"とのフィジカルの違い。北薗自身も力勝負を得意とするが、それで勝負できるのはより軽い階級だと実感したという。

 もちろん、大幅に体重を落とせば、自分の柔道も変わってしまう。それを避けるため、北薗は食事とトレーニング内容を徹底的に見直し、減量しながらもスピードとパワーはキープするという過酷な挑戦に黙々と挑んだのだった。

 そのハードルを乗り越えられたのは、周囲のサポートがあったからだと、北薗は言う。厳しい食事制限は妻の協力で継続できている。また、現在は会社の支援を受け、柔道に集中する恵まれた環境がある。そして毎日の稽古では、兵庫県警機動隊の隊員たちとともに汗を流す。そこでは全国警察柔道大会の優勝メンバーで、国際柔道大会にも出場経験がある隊員から指導を受けており、柔道の技と心を学んでいるという。

「機動隊の方々は本当に強くて、僕は全然勝てません。でも、これまで自信があったところでさえもっと鍛えないと、と思えるし、勝てないところでやることに意味があると感じています」

 稽古で教わった通り、どんな状況でも技をかけたら最後まで諦めないことが信条だ。その成果を今回の試合で出すことができ、手ごたえを感じている。リオについては、「好成績を残すことが、お世話になった人たち、そしてライバルたちへの恩返しになる。自分だけではなく、そういう人たちの気持ちを持ってやりたい」と話す。

 9月の本番に向けてさらに柔の道を追求していく。

荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu