大人も子供も楽しめる運転台見学は毎年一番人気

写真拡大

秩父鉄道は5月21日(土)に、通常は入ることのできない広瀬川原車両基地(埼玉県熊谷市)を1日開放し、「わくわく鉄道フェスタ2016」を開催する。

【写真を見る】秩父鉄道ゆかりのキャラクターも集合。子供たちも大喜びの催しだ

このイベントは今年で12回を迎え、鉄道の世界に親しめるイベントとして、熊谷では恒例の催し。当日は会場への臨時直通列車を運行するほか、東武鉄道保有の8000系車両の展示や旧秩父鉄道カラーに塗り替えた電気機関車の登場、さらに会場全体を使った謎解きゲームなど、様々なイベントが満載だ。

秩父鉄道の車両展示は、今年からの新企画「東武鉄道8000系車両(2両編成)」、「電気機関車502号旧秩鉄カラー(黄色に茶帯)」をはじめ、「SLパレオエクスプレス(運転台見学)」、「電車7505号(秩父三社トレイン)」など多くの編成が登場、ファンの目を楽しませてくれる。

プレゼント企画もたっぷり。キャラクターイラスト入り「手ぬぐい」プレゼントや、ぬりえ&てるてるぼうずを持参した子供へ記念品がプレゼントされるなど、家族一緒に楽しめる。

当日は立川真司によるものまね、鉄道アイドルのライブ、よさこい演舞など、ステージイベントも一日中展開。また鉄道むすめ「桜沢みなの」のコスプレイヤーによるグッズ販売ブースなど、イベント限定商品も豊富に登場。初夏の休日、秩父鉄道の魅力をたっぷり楽しめる一日になりそうだ【東京ウォーカー】