F1速報25周年記念にふさわしい【F1速報 25th Anniversary 〜F1を変えたテクノロジー〜】が5月2日に発売されました!

1

【グランプリ史を変えた、傑作マシン達】

F1ジャーナリストの津川哲夫氏が、F1の歴史のなかで“ 革命 ” をもたらしたマシン7台をチョイス。その先進性、後世に与えた影響を解説します。

7台のマシンのなかで、一番印象に残っているのがルノーR26(2006年)です。私がF1にどっぷりはまったのが2006年。このマシンを見て、F1のウィングってこんなに複雑だったんだ! と衝撃的だったのを今でも鮮明に思い出します。

津川さんは、

「R26はR25(2005年)以上にエアロダイナミックスが追及され、まるで軟体動物かと思えるような過激なカウルをまとっている。しかし、失ったダウンフォースを空力デバイスだけで取り戻すのではなく、その穴埋めをビークルダイナミクス(車両の制御システム)の開発に注進した。その結果、タイヤに優しく、効率のいいフットワークを得たR26は、エアロダイナミクスにばかり注目していたライバルを相手に小気味良く、タイトルをさらっていってのである 」

と解説。F1を見始めた当初は、マシンの形がかっこいい! とかカラーリングがキレイ! など、テクノロジーの事はよく分からず観ていたのですが、今回改めてR26がなぜ速かったかを知る事ができて良かったです(^^

【 進化し続けるF1の安全性 】

年々厳しくなるサバイバルセルの衝突安全性やクラッシュテストの合格基準、数々の最新安全装備……。今どこまで進化しているのか徹底分析します。

進化を続けるF1の安全性ですが、残るのは“ 頭部 ” 。現在、衝突時の強い衝撃のより頭部が揺さぶられることを防ぐHANS や、ヘルメットのバイザー上部に強化パネルを装着する規則がレギュレーションに盛り込まれています。

今シーズン話題になっているのが、頭部保護のためのHaloや、ウインドシールド型キャノピー。2017年の導入を目指して新デバイスの開発が進んでいます。

2014年に日本GPで起きたジュール・ ビアンキ選手が遭遇したような事故を防げるという発想だそうですが、皆さんはどう思いますか? 本誌では、

「とにかく美貌の観点で語られがちだが、頭部保護の観点のみに立って議論は進められるべきだ。Haloを装着しても、頭部にダメージを与えるアクシデントが完全になくなるわけではない。しかし、少しでもリスクを軽減できるなら、採用すべきだ」

と分析しています。

本当に2017年から導入されるのか、とても気になりますよね。もし導入が決定するのならば、F1の歴史がまた一つ大きく変わるのではないでしょうか。

F1を好きになればなるほど、F1の歴史やテクノロジーにも興味が湧いてきます。そんな私にとって、とっておきの1冊です。また、F1博士(?)と呼ばれるほど詳しい方でも、楽しめる内容になっていると思います。

いつもより少し踏み込んだ世界を知る事ができる、F1速報25th Anniversary号。ぜひ読んでみて下さいね!

(yuri)

【 F1速報 25th Anniversary × F1女子〜F1をかえたテクノロジー号〜】 進化をし続けるF1の安全性。残る聖域とは?(http://clicccar.com/2016/05/06/370250/)