ガーナ戦に臨むU-23日本代表、“主将”と“守護神候補”はメンバー外に

写真拡大

 U-23日本代表の手倉森誠監督は6日、11日に行われるガーナ戦に臨むU-23日本代表メンバーを発表。しかし、その中にキャプテンと守護神候補の名前はなかった――。

 今季浦和レッズに加入したU-23日本代表キャプテンのMF遠藤航は、J1リーグで開幕スタメンを飾ると全試合フル出場とリーグ首位を走るチームに無くてはならない存在となっている。また期限付き移籍していた福岡から今季柏レイソルに復帰したGK中村航輔も開幕から全試合フル出場を続け、第6節からのリーグ5連勝に大きく貢献している。

 ともに所属クラブでレギュラーとしてプレーしている選手だが、ガーナ戦に向けて発表されたU-23日本代表メンバーから外れた。メンバー発表会見に出席した霜田正浩ナショナルチームダイレクターは「一人ひとり理由が違う」としながらも、「この後にトゥーロン(国際大会)が控えているので、ここで呼ばなくてもトゥーロンでしっかり見れる選手もいる。ACLも控えている過密日程で日本の代表として戦わないといけないクラブもあり、ずっと試合に出ている選手に関してはある程度考慮した」と説明した。

 また、手倉森監督は今回選んだ23名に対して、「『(チームの)軸』になりたければ頑張れと。間違いなく今回選んだメンバーにはそのチャンスがあるので、チャンスを十二分に生かす覚悟を示してほしい」と発破をかけている。

(取材・文 折戸岳彦)


●リオデジャネイロ五輪特集