<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2日目◇6日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,605ヤード ・パー72)>
 国内女子メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の2日目。8位タイから出たレクシー・トンプソン(米国)が1イーグル・4バーディ・2ボギーの“68”をマーク。スコアを4つ伸ばしてトータル6アンダー2位タイに浮上した。
規格外!レクシー・トンプソンのプレーをLIVEフォトで見る
 世界ランク3位のロングヒッターがこの日も大ギャラリーを沸かせた。スコアを1つ伸ばして迎えた9番パー5。250ヤードのセカンドショットを3番ウッドでグリーンの左エッジにまで運ぶと、約8メートルをパターでねじ込んで連日のイーグルを奪取。後半12番でもバンカーからのセカンドを約1メートルにつけバーディを奪って見せ場をつくった。
 この日も多くのギャラリーに囲まれてプレー。「できるだけ良いプレーを見せてあげたいと思います」大ギャラリーにモチベーションが上がるタイプだ。また「日本のファンの方は信じられないほどの応援をくれて、良いショットにはすごい歓声も上げてくれるので、それは影響しますね」と声援が好プレーを後押ししてくれると感謝していた。
 前日には自身のSNSで日本のギャラリーからもらったというチョコレートの画像をアップロード。「初めて日本に来たときも1〜2個もらいました」とこうしたファンからの心遣いも異国で気持ちよくプレー出来ることにつながっている。なお、他の国では「日本ほどたくさんということはないです」という。
 この日の午後は「ファンのためにサインをしたいので、今日は時間がかかると思います。それから少しトレーニングして、リラックスしようかと」。まだ時差ボケは完全に治っていない中、ファンのために時間を多く費やすのはさすが一流プレーヤーといったところ。昨日も遅くまでサインをしており、レクシーのSNSには“神対応”を感謝する言葉が並んだ。明日もファンに支えられ、ファンのために魅せるプレーで大会を盛り上げる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム】
松山英樹の熊本支援に世界トップが同調 マキロイ、ファウラーも“日本”を身につけて
宮里藍、会心イーグルで2アンダー8位「あの2打は大きい」