脳死に陥ったポーランド人女性が、55日間の延命治療後に男の子を出産していたことが2016年4月、明らかになった。

脳死の女性の出産例はこれまでもいくつか報告されているが、おそらく最長の延命期間での成功例だという。

「子どもの命を救うことを試みてほしい」

4月20日付AFPの報道によると、女性が出産したのはポーランド南部ウロツワフの大学病院。2015年末に救急車で病院に搬送され、脳腫瘍による脳死と判定された。41歳で、17〜18週目の妊娠初期段階だった。AFPの取材に対し、担当医師はこう語っている。

「彼女の家族全員が、子どもの命を救うことを試みてほしいと訴えました。長い55日間の闘いでした。われわれは、この子がもっと大きく育ってほしいと願ったが、命の危険があったので、1月末に帝王切開に踏み切りました。妊娠26週目で、わずか1キロでした」

3か月間の集中治療の結果、男の子は3キロに成長、自分でミルクを吸うようになり、無事退院した。女性は男の子が生まれた後、生命維持措置を外された。

複数の海外メディアの報道によると、脳死女性の出産は、2015年に米国で脳死後54日目に(男の子・1284グラム)、2014年にカナダで42日目に(男の子・約900グラム)などの例がある。いずれも女性は出産後に生命維持措置が外され、家族にとっては「言葉で表現できないほど、幸せな出会いと悲しい別れ」(カナダ人女性の夫)となった。

脳死と植物状態では全く違う状態

日本臓器移植ネットワークのウェブサイトには、「脳死と植物状態」について、こう説明している(要約抜粋)。

「脳死と植物状態では、自分で生きる機能が残っているかいないかという、全く違う状態です。脳死とは、呼吸・循環機能の調節や意識の伝達など、生きていくために必要な働きをつかさどる脳幹を含む、脳全体の機能が失われた状態で、二度と元に戻りません。薬剤や人工呼吸器によってしばらくは心臓を動かし続けることはできますが、やがて心臓も停止します。植物状態では、脳幹の機能が残っていて、自ら呼吸できる場合も多く、回復する可能性もあります」