休日のデートや初の旅行など、彼とゆっくり過ごせる楽しい時間! しかし、そんな楽しい長時間デートには思わぬ落とし穴が……。今までのデートではバレていなかった自分の行動で、気付かぬうちに男性に引かれているかもしれません。

そこで今回は、イメージコンサルタントの筆者が、周りの男性の意見も参考に“長時間デートでつい出てしまうNG行動”を、4つご紹介します。

■NG1:頻繁にスマホをチェックする

スマホ依存症や歩きスマホなど、現代社会でも問題になっているスマホ。
SNSや頻繁なLINEの着信など、1日の中で、何かとスマホが気になってしまうという方も多いのではないでしょうか。また、食事中にいちいち写メを撮る行動もあまり好まれないようです。

男性がトイレに立った途端スマホを出したり、頻繁に気にしている素振りが見えると「デート中ぐらい……」と感じてしまうのが男性の本音。

デート中はなるべく確認を控え、メールの返信などは「一件メール返してもいい?」と一言伝えるだけで、気配りのできる女性に見えますよ。

■NG2:見た目を気にしすぎる

化粧崩れをしょっちゅう気にしたり、鏡を頻繁にチェックすることは男性にとっては理解しがたい行動のよう。

また旅行の際は、コテにヘアケア機能付きのドライヤーなど、日頃の美容グッズで荷物はパンパンに……。可愛く見せたい気持ちが逆にあだとなってしまうこともあるようです。

旅行の際、出かけるまでに時間がかかる場合は、早めに起き、彼との時間に合わせられることもイラッとさせないコツです。男性は女性が思っているほど、見た目ばかり気にしていないようですよ。

■NG3:気の使いすぎに注意!

気の使える女性でいたいと、誰しもが思うもの。しかし、女性の気の使いすぎは時に重たいと感じられているかもしれません。

例えば、「疲れてない?」と過剰に確認されることや、「眠い?」「夕飯何食べたい?」「どこ行きたい?」など、常に聞かれてばかりいると負担に感じることもあるそうです。

初めのうちは気の使える子だなと思っていても、やがて「少しはゆっくりさせて!」と思われてしまうかも。“気使い”と“気にしすぎ”は似ているようで違います。余裕のある女性になりましょう。

■NG4:マナーを守れない

初めは緊張感もあり気をつけていた言動も、慣れてくるとすっかりいつもの自分が顔を出していませんか?

公共施設での大声や笑い声。店員さんに向かって偉そうな態度やお礼を言えないなど、男性が引いてしまうことは多々あるようです。

また、お泊りデートでアメニティをごっそり持ち帰ったり、水回りを散らかしっぱなしなど、1日一緒に過ごしていることで出てしまう癖もありますよね。2人でいるということを意識し、マナーには気を配りましょう。

日常では気付かずにしていた行動も、他人と長い時間過ごすことで初めて間違いだとわかることも多いですよね。上記のNG行動をヒントに、長時間デートを楽しんでくださいね。

【関連記事】

女子は言いがちだけど…「言った瞬間男はゲンナリ!」魔の5フレーズ