ケチな女が多そうな出身都道府県ランキング 3位「京都」2位「東京」1位は?

写真拡大

お金を節約することは、女性にとって褒められるべき点です。しかし、中にはそれを締まり屋と感じてしまう方もいるようですね。そこで今回は女性のみなさんに、締まり屋(お金に渋い、倹約家)女性が多い印象の、出身都道府県について、お話を聞いてみました。

■締まり屋女性が多い印象の出身都道府県ランキング

Q.締まり屋(お金に渋い、倹約家)女性が多い印象の、出身都道府県ってどこだと思いますか?

第1位 大阪府……33.6%

第2位 東京都……8.8%

第3位 京都府……6.6%

第4位 愛知県(名古屋市)……5.8%

第5位 富山県……5.1%

※第6位以下省略

締まり屋の女性が多い印象の出身都道府県ランキングは、1位の大阪府が、2位を大きく引き離しました。女性のみなさんは、同性でも大阪出身の人はお金に渋いと感じているようですね。1位から順に、その理由をくわしくうかがってみましょう。

■1位 大阪府

・「大阪。もらえるものはもらうという感じが子どものころから教え込まれていそう」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「大阪。物をどれだけ安く買えるかに熱心な人が多い」(28歳/金融・証券/営業職)

・「大阪。関西の人は、ケチなので。自分がケチだし、周りもケチなので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

大阪の人は締まり屋というイメージがダントツで強いようですね。物を買うときの値切り文化があるため、そういったイメージが強いかもしれませんね。

■2位 東京都

・「東京。なんでも高いから、普段からケチケチしてそう」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「東京。細かい人が多いので、これはコスパが高いとか、低いとか、お金が使う価値があるかの見定めが鋭そう」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「東京。何かとお金が出ていくので、できるところは節約してそうだから」(31歳/金融・証券/専門職)

物価の高い東京に住んでいると、どうしてもお金を倹約しがちになるものです。住居費から費用がかかってしまうので、ほかに使えるところは倹約したいですよね。

■3位 京都府

・「京都。いろんなことにきっちりしてそうなイメージがあるから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「京都。なんとなくすべてに厳しい印象です」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「京都かな? ちゃんと家計簿とかをしっかりしてそうだから」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

締まり屋といった言葉が似合いそうな京都ですが、ただケチなだけでなく、必要なところにはしっかり使って、締めるところはしっかり締めているだけなのです。

■4位 愛知県

・「愛知県です。昔からしっかりしているイメージがあるからです」(27歳/その他/その他)

・「愛知県、自分もそうだから、女性はそうだと思う」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「愛知県。普段は質素に貯めて結婚式などでドカンと使いそう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

結婚式が派手なことでしられる愛知県。そのためにも、日頃から倹約しているように思えますよね。お金に対して、しっかりした考えを持っていそうですよね。

■まとめ

お金に対してシビアな考え方を持つのは、決して悪いことではありません。浪費しすぎるよりは、よっぽどいいことですものね。ただ、あまりまわりを気にせず、節約ぶりを発揮してしまうと、引かれてしまうこともあるので、気をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数137件。22歳〜39歳の社会人女性)