ホラー映画のおかげでとってもスリムに。でも彼氏が痩せすぎちゃった(イラスト・サカタルージ)

写真拡大

「運動も食事制限も面倒くさい」「努力しないでやせたい」という無精なアナタにとっておきのダイエット法を教えよう。ソファーに座ったままでオッケイ!というウソのような方法だ。

ホラー映画を見ると、なんと速足ウォーキングに匹敵するくらいの効果があがるという研究があるのだ。

怖い思いをすると体が臨戦態勢になり、カロリーを消費する

このユニークな研究を発表したのは、英ウェストミンスター大学の細胞代謝の専門家、リチャード・マッケンジー教授。2012年10月に英紙デイリー・テレグラフに調査結果を発表した。DVDオンラインレンタルの英大手「Love film」社の依頼を受けたもので、10月31日のハロウィン(万聖節の前夜)に合わせた「遊び心」もあったようだ。

マッケンジー教授は、映画好きの若者10人の協力を得て、ゆったりと椅子に座ったまま多くのホラー映画を見てもらい、心拍数、酸素消費量、二酸化炭素放出量などを測定、消費カロリーを計算した。ホラー映画を見た後は、通常の椅子に座っている状態の時よりカロリー消費が、平均で約3割強活発になった。これは、怖い映画を見ると、敵に襲われた時の防衛本能がよみがえり、体が臨戦態勢に入るからという。

マッケンジー教授はこう説明する。

「座席から跳び上がるほどビックリするシーンのある映画は、心拍数を上げるため、特に効果的でした。人間は、恐怖にかられると脈が速くなり、血液の循環が加速されます。闘争ホルモンであるアドレナリンが多量に分泌され、基礎代謝量が増加します。一方、強烈なストレスにより、食欲がなくなりますから、代わりに体内の脂肪を燃焼してエネルギーに変えるのです」

このため、座ったままでもダイエット効果を発揮するわけだ。

名作「シャイニング」は速足ウォーク30分よりやせる

その結果、10人の消費カロリーが多い映画トップ10が次のとおりになった。カッコ内が平均消費カロリーである。参考までに、食べ物・運動の消費カロリーをみると、ご飯(コメ)1膳が約168キロカロリー、体重60キロの人の速足ウォーキング30分が約160キロカロリー、同普通ウォーキング30分が約95キロカロリーである。比較すると、怖い映画によっては、2時間ほど座ったままで、速足ウォーキング30分以上のダイエット効果になるようだ。

(1)シャイニング(184キロカロリー):ロッキー山中に冬季間閉鎖されたホテルの中。超能力を持つ少年をホテルの悪霊が取り込もうとする...。

(2)ジョーズ(161キロカロリー):海水浴場で巨大なホオジロザメの犠牲者が続出する。3人がサメ退治に向かい、激闘が始まるのだった...。

(3)エクソシスト(158キロカロリー):悪霊が乗り移った少女は、邪悪な形相に変貌した。神父が悪魔払いの儀式を始めると...。

(4)エイリアン(152キロカロリー):宇宙貨物船は未知の惑星で凶悪な異星人に遭遇する。生きたまま彼らの卵を体内に産み付けられ...。

(5)ソウ(133キロカロリー):目が覚めると部屋の中に死体。反対側に鎖でつながれた男たち。命をかけたゲームが始まる...。

(6)エルム街の悪夢(118キロカロリー):女子高校生は毎晩悪夢に悩まされるが、夢の中で負った傷がなぜか現実に戻ってもついている...。

(7)パラノーマル・アクティビティ(111キロカロリー):同棲中のカップルは夜な夜な怪奇音に悩まされ、正体を暴こうとするが...。

(8)ブレア・ウィッチ・プロジェクト(105キロカロリー):伝説の魔女「ブレア・ウィッチ」を撮影するため、女性カメラマンは森に入った...。

(9)悪魔のいけにえ(107キロカロリー):墓荒らしが頻発する地域の洋館に立ち寄った5人の男女が遭遇する空前の恐怖とは...。

(10)REC/レック(101キロカロリー):未知の感染症に侵されて狂暴化した人々が次々に人間を襲う...。