蔡英文氏(左)と握手を交わす岸信夫氏

写真拡大

(台北 6日 中央社)20日に総統に就任する民主進歩党の蔡英文主席は5日、沖ノ鳥礁(日本名:沖ノ鳥島)近海で台湾漁船が日本の海上保安庁に拿捕(だほ)された問題について、台日関係は友好的で「うまく解決できると信じている」と述べ、馬英九政権下で解決できなかった場合も日本との協議を続ける姿勢を示した。関係筋が明らかにした。

蔡氏はこの日、訪台した自民党の「日本・台湾経済文化交流を促進する若手議員の会」の岸信夫衆院議員らと台北市の民進党本部で会談し、漁船拿捕や、新政権発足後の台日、両岸(台湾と中国大陸)関係などについて意見交換を行った。

会談後、記者団の取材に応えた岸氏によると、双方は問題の早期収束を目指すことで一致したという。

(呂欣ケイ/編集:杉野浩司)