映画『バースデーカード』宮あおい&橋本愛が母娘役に - 主題歌は木村カエラ×くるり・岸田繁

写真拡大

[ この記事の画像をもっと見る ]

映画『バースデーカード』が2016年10月22日(土)に公開される。実力派女優・橋本愛と宮あおいが娘・母役で競演、監督に吉田康弘(※吉は土に口)。

誕生日に毎年届く亡き母からの“バースデーカード”。本作は、最愛の娘の成長を見守ることが出来ないことを悟った母が、ありったけの愛を込めて綴った未来の娘への“手紙”が紡ぐ物語だ。

毎年届く母からのバースデーカードを通して成長していく娘・紀子=橋本愛と、紀子が10歳の時に若くして病死し、バースデーカードを書き残す母・芳恵=宮あおい、父・宗一郎=ユースケ・サンタマリア、弟・正男=須賀健太と、ストーリーはもちろん、配役にも注目が集まる。

また、主題歌が木村カエラの新曲「向日葵」に決定。木村が脚本を読み込み、作品を観て本作のために書き下ろした新曲の作曲は、くるりの岸田繁が担当。あたたかなメロディーとストレートな歌詞は、監督・吉田康弘も泣きそうになったほどだという。9年ぶりとなる2人のコラボレーションに期待が高まる。

【作品情報】
『バースデーカード』
公開日:2016年10月22日(土)
出演:橋本 愛 ユースケ・サンタマリア 須賀健太 / 中村蒼 / 宮あおい
監督・脚本:吉田康弘(※吉は土に口)
(c)2016「バースデーカード」製作委員会