『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』 (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2016

写真拡大

3月5日より全国374スクリーンで公開中の『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』が、5月5日までの62日間で観客動員355万9407人、興収40億3714万8300円に達し、興収40億円を突破したことがわかった(40億円突破は5月4日時点)。

『映画ドラえもん』最新作はシリーズ歴代1位の人気作をベースにした新作!

この数字は、現声優陣に代わって制作された2006年公開の『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』から現在までの新シリーズで、2013公開の『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』の39億8000万円を抜き去り、最高記録となる。

本作は7万年前の日本を舞台に、家出を決意したのび太たちが繰り広げる友情と冒険の物語。のび太と3匹のペットたちの別れのシーンでは感動で涙を流す子どもたちが続出!さらに、丁寧に描かれたのび太の成長とそれを見守るのび太のママの描写は大人でも心に沁みると話題になり、子どものみならず、大人も大勢、映画館へ駆けつけているという。

【関連記事】
アニメ映画強し! 3月のランキング上位を『映画ドラえもん』をはじめアニメが独占
4月ランキングはトップ3を『名探偵コナン』はじめアニメが独占! ディカプリオ主演作はやや苦戦
山崎まさよし『映画ドラえもん』主題歌「空へ」を初披露!
『映画ドラえもん』全34作品の観客動員数が1億人を突破!『ゴジラ』抜き邦画トップに