台北で最高気温36.1度  今年一番の暑さに/台湾

写真拡大

(台北 6日 中央社)太平洋高気圧に覆われた影響で、6日の台湾各地は強い日差しが降り注ぎ、北部を中心に気温が上昇した。台北は午後2時14分に台湾全土で最高の36.1度を観測。今年一番の暑さになった。中央気象局は、日焼けや熱中症に注意するよう呼び掛けている。

午後2時までの観測データによると、各観測地点の最高気温は板橋34.7度、基隆34.5度、嘉義33.9度、台中33.8度など。

気象局によると、台北での5月の35度超えは珍しくない。同月の過去最高気温は1991年に観測した37.7度となっている。

(陳葦庭/編集:名切千絵)