資料写真

写真拡大

(台北 6日 中央社)李登輝元総統は5日午後、台北市内にある自宅で、自民党の岸信夫衆院議員と会談した。李氏は沖ノ鳥礁(日本名:沖ノ鳥島)近海で台湾漁船が日本の海上保安庁に拿捕(だほ)された問題について、台日は漁民の権利と利益を理解し、互いを思いやってほしいと述べ、日本側に慎重な対応を呼びかけた。李氏事務所の王燕軍・主任が明らかにした。

李氏は、馬英九政権の対応は大衆迎合(ポピュリズム)に走りすぎていると批判。一方で、20日の蔡英文政権発足後には、双方が互いの利益や戦略を考えた上で適切に解決できると期待を示した。

岸氏は、「日本・台湾経済文化交流を促進する若手議員の会」の会長で、安倍晋三首相の実弟。5日から訪台し、蔡氏や馬総統とも会談している。

(呂欣ケイ/編集:杉野浩司)