5日、中国のポータルサイト・今日頭条は約30年間放置されていた日本車がバッテリーを換えただけですぐにエンジンが始動したと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は消防車。

写真拡大

2016年5月5日、中国のポータルサイト・今日頭条は約30年間放置されていた日本車がバッテリーを換えただけですぐにエンジンが始動したと伝えた。

これは、昭和62年に生産された3台の消防車で、1台の消防車には「ISUZU」のロゴが見える。最近、税関倉庫で発見され、バッテリーを交換したところ、すぐにエンジンが始動しライトなども正常に点灯したという。記事は、室内で保管されていたとはいえ、油漏れも水漏れもせず、30年後でも使えた軽油など、日本製の質の高さを称賛した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「率直に言えば、工業面では日本との差はとても大きい」
「日本人の造るものは本当にいい。でも国の敵は忘れられない」
「日本製の品質は認めざるを得ない。中国人が日本製品を選ぶ理由がここにある」

「30年たってもタイヤに空気が入っているというのがすごい」
「金属製のものは30年放置しても問題はない。でもゴム製の部品が30年後でも使えるというのは奇跡だ」

「日本は品質第一、俺たちは利益第一」
「日本は戦後、科学技術を発達させ、中国は汚職や腐敗を発展させた」

「国産車だったらバッテリーだけではなくエンジンを換えないとだめだと思う」
「こんなのどうってことはない。俺たちの肉は数十年たっても食べられる」(翻訳・編集/山中)