手倉森誠監督「次は我々の番」…なでしこジャパンに続く震災後のトロフィー獲得に意欲《MS&ADカップ》

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は6日、11に予定される『MS&ADカップ2016〜九州 熊本地震復興支援チャリティーマッチ がんばるばい熊本〜』に向けたU-23日本代表メンバーを発表した。

▽メンバー発表会見に出席したU-23日本代表の手倉森誠監督は、東北大震災が発生した年にワールドカップ初制覇を成し遂げたなでしこジャパンを引き合いに出し、「『次は我々の番だな』とU-23ジャパンを奮い立たせたい」と力強く語った。

手倉森誠監督(U-23日本代表)

「まず最初にオリンピックが迫る3カ月前に、このガーナ戦をマッチメークしてくださった協会と、サポートしてくれたスポンサーに感謝したい。このガーナ戦を皮切りに、トゥーロン国際大会、6月の国際親善試合が、リオへ向けた強化試合となる」

「このガーナ戦とトゥーロンで、強化をしながらメンバーの絞り込みを加速させていくゲームになるだろうと思っている。この試合で、本戦の初戦であるナイジェリアを想定するに相応しいチームと対戦できる」

「リオでの可能性を高める強化として、世代のスタンダードであるアフリカ勢との対戦での工夫や手ごたえを掴みたい。同時に、熊本大震災の復興試合ということで、大きなものを背負って戦う覚悟、戦う勇気、勝利を目指して挑む姿勢を示して、エネルギーを届ければ」

「(東北大)震災が起きた年に、前回はなでしこジャパンが(2011年のドイツ・ワールドカップで)世界一になった。『次は我々の番だな』という覚悟を選手たちに持たせて、U-23ジャパンを奮い立たせたい」