「第9回ベストマザー賞」を受賞した滝沢眞規子(C)モデルプレス

写真拡大

【滝沢眞規子/モデルプレス=5月6日】雑誌「VERY」専属モデルの滝沢眞規子が6日、都内で行われた「第9回ベストマザー賞2016」授賞式に出席。文化部門で受賞した彼女は3人の母親で30歳まで専業主婦、読者モデルとして出演したことをきっかけに同誌の専属モデルになった経歴を持つ。専業主婦を経ての快挙となった滝沢は今回の受賞を喜ぶとともに、家族や美の秘訣を語った。

【さらに写真を見る】滝沢眞規子らが受賞 「第9回ベストマザー賞」授賞式の様子

今回の受賞を受け、夫の反応については「喜んでくれました。『ついにきたね』と言ってくれました」と笑顔。自身も「私がいただくなんて申し訳ないですが、糧にがんばりたい」と誓った。

◆3児の母 微笑ましい子どもからのプレゼント


子どもからのプレゼントが話題になると「チョコレートが好きなので、コンビニで板チョコを10枚買ってくれました。それからお供え物の花も(笑)」と微笑ましいエピソードを披露。また、この日の受賞者の中でも3人と最も多くの子どもを持つだけに「4人目の予定は?」と聞かれると「子どもは好きですが、精一杯です(苦笑)」と答えた。

◆専業主婦からカリスマモデルへ 美貌の秘訣


専業主婦を経て、今や同世代よりカリスマ的人気を博す彼女。美の秘訣について聞かれると「ちゃんと食べている」と強調しながらも「合間に運動をしています。お風呂にもしっかり入って、早く起きてストレッチ。時間ができたらピラティスをしています」と紹介した。

ほか、この日の授賞式には藤本美貴、浅尾美和、湊かなえ、友利新も出席した。(modelpress編集部)