「第9回ベストマザー賞」を受賞した藤本美貴(C)モデルプレス

写真拡大

【藤本美貴/モデルプレス=5月6日】タレントの藤本美貴が6日、都内で行われた「第9回ベストマザー賞2016」授賞式に出席。芸能部門で受賞した藤本は、夫でお笑いコンビ・品川庄司の庄司智春との2児の子育てについて語った。

【さらに写真を見る】藤本美貴らが登場 授賞式の様子

昨年、1億5000万円の豪邸に引っ越した藤本は、一家が暮らす自宅について「快適です」とにっこり。35年ローンで「がんばって2人で(返済する)」と苦笑いを浮かべながらも「子どもの成長を考えてがんばって作りました」と胸を張った。

◆モー娘OGの妊娠ラッシュ


また3人目以降の子どもの予定を聞かれると「ローンが終わったら(笑)」と冗談交じりに返答。吉澤ひとみ、安倍なつみなどモーニング娘。OGメンバーの相次ぐ妊娠については「抱っこ紐はどこのがいいとか、ベビーベットは置くか置かないかとか話しています。そういう会話ができるようになりました」と喜んだ。

◆庄司智春との子育て


夫・庄司は「優しいマッチョな旦那さん」だという藤本は、今回の受賞を受けた庄司の反応を「『すごいじゃん。おめでとう』って。それだけです(笑)」と紹介。夫婦円満の秘訣は「片方(藤本)がリーダーでサポートしてくれる」ことだそうで、今後も子どもの予定や子育てについて「旦那さんと相談。一応2人の子どもなので(笑)。決定権は私にありますが相談します。ダメとはいいません」と話した。

また庄司は“遊び担当”のようで4歳になる長男と「マッチョなので遊んでくれます」と笑顔。一方で、長男が「旦那を見て(真似して)脱ぎたがる(笑)」と不満をこぼしていた。

ほか、この日の授賞式には滝沢眞規子、浅尾美和、湊かなえ、友利新も出席した。(modelpress編集部)