左から北原里英、蛭子能収、トリンドル玲奈

写真拡大

マンガ家、俳優、タレントと幅広く活躍する蛭子能収が長編映画初主演をつとめた『任侠野郎』の完成披露試写会が5月4日にスペースFS汐留で行われ、蛭子をはじめ、トリンドル玲奈、北原里英(NGT48)、やべきょうすけ、福田雄一(脚本)、徳永清孝監督が登壇した。

[写真]蛭子能収のお控えなすってなど、この記事のその他の写真!

本作はかつて関東一円にその名を轟かせるも、過去と決別し静かに暮らしていた伝説のヤクザが、義理・人情の絡み合いから再び抗争に巻き込まれていく様を描いた任侠映画。

これまでのイメージを覆す主人公を演じた蛭子は「最初は違和感がありましたけど、あまり仕事は断らないタイプなので引き受けました。撮影に入ってからは監督さんとカメラマンさんの言う通りにしていました」と和やかに撮影の様子を紹介。

オファーは二つ返事で受けたそうだが、「撮影現場で聞いたら『受けたんですけどすごく後悔しています』と蛭子さんが漏らしていた」と福田が暴露。やべも「佐藤二朗さんとトイレにいたら、外から蛭子さんの『もうやりたくない』という声とマネージャーさんの『大丈夫ですよ』というやりとりが聞こえてきて、しばらくトイレから出られなかった」とぶっちゃけ、会場は笑いに包まれた。

また、組長を演じたトリンドルは、当初蛭子の娘役でオファーを受けていたことを振り返り、「衣装合わせに行ったら『組長になりました』って言われていきなり組長になりました。『ノー』とも言えないですし、(蛭子の娘役よりは)正解だと思って行きました。ヤクザ映画なのでちょっと怖いかと思ったら、現場はふわ〜んとしたすごく和やかなムードでした」と述懐。

佐藤演じる組長の愛人を演じた北原は、「体を張るようなシーンが多かったと思ったけど、AKB48グループの中でパンチラをさせたら一番という誇りとプライドがあるので」と自信たっぷりにアピール。すると、「“チラ”どころじゃないでしょ」「ガッツリ見えている感じでしたけど」とまわりからセクシーさを突っ込まれていた。

その後、蛭子が任侠映画でおなじみの「お控えなすって」を披露する一幕も。しかし蛭子は「どうするんだっけ?」とすっかりやり方を忘れてしまっているようで、徳永監督に指示を出されながら何とかやってみせるも、ついつい片膝をついてしまい、周囲からは「ホストみたい」と突っ込まれながら会場の笑いを誘っていた。

『任侠野郎』は6月4日より公開となる。

【関連記事】
[動画]北原里英、パンチラに「AKB48グループの中でさせたら一番という誇りとプライド」
[動画]任侠映画主演の蛭子さん、仁義切りを披露するも「ホストみたいになっちゃった」
[動画]北原里英のパンチラも、映画『任侠野郎』予告編
蛭子能収が長編映画初主演で、そのイメージを覆す極道の若頭役!