日本マイクロソフトは5月6日、5月1日付けの就業規則変更で、これまでの「在宅勤務制度」を廃止し、新たに「テレワーク勤務制度」を導入したと発表した。

従来の在宅勤務制度(2007年に開始)との主な違いは、以下の通り。

また、フレックスタイム制度のコアタイム(11:00-15:00)を廃止し、より柔軟な 勤務時間の運用を実現した。

同社では、これらの制度の見直しにより、社員がこれまで以上に時間や場所にとらわれない最先端の働き方を追求し、より一層の業務効率・生産性の向上、社員の「働きがい」の向上を目指すとしている。

(丸山篤)