世界で初めて野球場に姿を見せた「BB-8」

写真拡大

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の人気キャラクター「BB-8」が2016年5月5日、横浜市の横浜スタジアムで開催されたプロ野球・横浜DeNA対東京ヤクルトの始球式に登場した。BB-8が野球場を訪れるのは世界初という。

BB-8は、映画と同じように軽快な動きでグラウンドを縦横無尽に駆け回って見せ、そのコミカルな動きに、「こどもの日」に集まったちびっ子ファンから大きな歓声が飛んだ。

BB-8「とてもエキサイティングだった」

『スター・ウォーズ』シリーズの壮大なテーマ曲とともにグラウンドに現れたBB-8。まずは挨拶代りにと、始球式で投げる横浜DeNAのファンクラブ会員、石川大悟くん(10)の周りをぐるり。キュートな動きに、スタンドの観客はもちろん、両軍ベンチの選手たちも興味津々の様子で眺めていた。

その後BB-8は、始球式のため石川くんを一塁側ベンチ前からマウンドまでエスコート。投球を前に緊張した面持ちの石川くんの顔を何度も窺うなど、気遣うような仕草を見せた。

BB-8の「エール」を受けてマウンドに登った石川くんは、横浜DeNA・下園辰哉選手相手にダイナミックなフォームから見事なノーバウンド投球。観客から大きな拍手と歓声が上がった。

米メジャーリーグも含め、野球場を訪れたのは今回が初めてというBB-8は退場後、「日本の横浜スタジアムに来られてとてもエキサイティングだった」とメッセージを残した。

今回のイベントは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の「MovieNEX」(ムービーネックス)版の発売を記念したもの。ムービーネックスとは、DVDやブルーレイディスク、スマートフォンなどで利用できる動画配信が1つにまとまったディズニーの独自商品。

同作のMovieNEX初回限定盤には、BB-8が大きくデザインされたアウターケースが付属する。価格は4200円(税別)。