写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シャノンは5月6日、同社のマーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM(以下SMP)」において、ターゲット企業(アカウント)単位での行動分析ができる「アカウント・ベースド・プロファイル」をSMPの標準ダッシュボードに搭載すると発表した。

SMPは、マーケティングオートメーションと統合データ管理・活用を実現するクラウドアプリケーションで、申込フォームや告知サイトの作成、セミナー/イベントでの申込・来場管理、キャンペーン運営業務やメール配信などが可能。

「アカウント・ベースド・プロファイル」では、ターゲットとなる企業単位でのアクティビティを可視化・分析することが可能で、従来のリード単位でのアクティビティ分析では読み取れない「企業の組織としての動向(購買プロセスのフェーズ、情報収集・検討・比較のタイミング等)」を把握したうえでマーケティング活動を実施することができるるという。

具体的には、SMPに蓄積されるマーケティングデータ(Webアクセス履歴やメール開封・クリック履歴、セミナーなどオフライン接点の申込・来場履歴など)を企業単位で可視化・分析することが可能になる。

(丸山篤)