「第9回ベストマザー賞2016」を受賞した(左から)浅尾美和、滝沢眞規子、藤本美貴、湊かなえ、友利新(C)モデルプレス

写真拡大

【藤本美貴・滝沢眞規子/モデルプレス=5月6日】6日、都内で「第9回ベストマザー賞2016」授賞式が行われ、タレントの藤本美貴、モデルの滝沢眞規子らが受賞。それぞれが喜びを語った。

【さらに写真を見る】豪華ベストマザーが集結 授賞式の様子

◆夫・庄司智春は「優しいマッチョな旦那さん」


芸能部門で受賞した藤本は「過去の受賞者を見ても本当に素敵なママたちばかりで嬉しいです」とスピーチ。4歳と9ヶ月の2人の子どもを持つ藤本は「子どもが生まれてから新しい世界を見せさてもらっています」といきいきと語り「優しいマッチョな旦那さん(品川庄司の庄司智春)と引き続き明るい家庭を作っていきたいです」と照れ笑いした。

◆専業主婦から「VERY」専属モデルに


文化部門で受賞した滝沢は3人の母で30歳まで専業主婦、雑誌「VERY」に読者モデルとして出演したことをきっかけに専属モデルになった経歴を持つ。上の子は現在中学生で「私が働いていることを誇りに思ってくれています」と笑顔を見せ「家族の協力あってこそ、今があります」とコメント。受賞は「夢にも思っていなかった」と驚きながらも喜んだ。

◆第9回ベストマザー賞2016


ママ達の憧れや目標となるベストマザーをママ達に選んでもらう同賞。藤本、滝沢のほかスポーツ部門に元プロビーチバレー選手の浅尾美和、文芸部門に小説家の湊かなえ、経済部門に医師で経営者の友利新が選出された。(modelpress編集部)

■受賞者一覧


【スポーツ部門】浅尾美和
【文化部門】滝沢眞規子
【芸能部門】藤本美貴
【文芸部門】湊かなえ
【経済部門】友利新