5日、愛知県でこのほど、韓国の男が空港の手荷物カートを盗んだ容疑で逮捕された。「分解してカートの構造を調べたかった」と話している。資料写真。

写真拡大

2016年5月5日、中国メディア・環球網によると、愛知県で4日、韓国の男が空港の手荷物カートを盗んだ容疑で逮捕された。

男は32歳で、仁川国際空港の検疫所職員を自称しており、韓国農林畜産食品部(日本の省に相当)の公務員であることを示す身分証を所持していた。3日午後6時ごろ、愛知県の中部国際空港でカート1台(5万円相当)を窃盗した容疑がかかっている。男は容疑を認めており、「分解してカートの構造を調べたかった」と話している。

この報道に、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「わけわかんない」
「韓国人って変だよね」
「あんなに大きいカートを盗んだって絶対見つかるはずだ」

「この宇宙は韓国人の物なのだろうに、たかがカート1台どうということなかろう」
「大宇宙クラスの韓国人だったら日本へ盗みに行く必要なんてないのでは?」

「いやいや、これは盗んだというより、オレ様の物を持ち帰ろうとしただけ(笑)」
「盗んで帰って、世界遺産に申請するんじゃないの?」

「盗みは盗み。そんなに調べたければ買え」
「日本人の物を持って帰っても盗みのうちには入らない!」(翻訳・編集/岡田)