5日、中国のビジネス旅客の2015年の支出額は約2912億ドルに達し、米国のビジネス旅客の支出額を10億ドル上回った。写真は北京首都国際空港。

写真拡大

2016年5月5日、米グローバルビジネストラベル協会(GBTA)のデータによると、中国のビジネス旅客の2015年の支出額は約2912億ドル(約32兆3030億円)に達し、米国のビジネス旅客の支出額を10億ドル(約1110億円)上回っていたことが明らかになった。

参考消息網が4月25日付で報じたもので、中国は2016年に約10%増の3207億ドル(約35兆5750億円)に達すると予測されている。一方、米国は2957億ドル(約32兆8020億円)と成長率は2%に満たない見通しだ。

中国のビジネス旅客の支出は95%を国内旅行が占めているが、米ホテル業界では中国語対応スタッフによるサービスや中国式朝食メニューの提供など、中国人客に対応するための取り組みが進んでいる。(翻訳・編集/Asada)